logo

リサーチパネルエイジア、「2010FIFAワールドカップに対する日韓意識調査」を実施

プレスリリース
株式会社リサーチパネルエイジア
2010年6月10日
-----------------------------
リサーチパネルエイジア、「2010FIFAワールドカップに対する日
韓意識調査」を実施
「2010FIFAワールドカップ」に興味がある韓国人は約8割と
日本人の約2倍
-----------------------------


日本・中国・韓国のアジア地域におけるオンライン調査パネルの
提供事業を展開する、株式会社リサーチパネルエイジア(東京都
渋谷区、代表取締役:中里 昇吾、以下:RPA)は、日本と韓国に
おいて「2010FIFAワールドカップに対する意識調査」を実施いた
しました。


【調査経緯】
2010年6月11日、4年に1度のサッカーの競演として世界的に注目を
集める「2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会(以下:本大会)」
が開幕します。本大会には、日本と韓国も出場する予定になって
いることから、それぞれの国民の本大会に対する認知度や興味、
関心、自国のチームへの期待度などについて調査しました。


【調査結果TOPICS】
(1)本大会への興味ついて、日本人の43.9%が、韓国人の77.7%
が、「興味がある」「非常に興味がある」と回答しています。

(2)本大会の自国チームの最終結果について、最も多い回答は、
日本人は「予選リーグ敗退」の76.4%、韓国人は「ベスト16」の
48.4%となっています。

(3)本大会での優勝予想国は日韓両国とも、「ブラジル」と回答
した人が30%前後で最多となっています。

(4)本大会の関連グッズ(ユニフォームやピンバッジなど)を
「購入したい」「是非購入したい」と回答した日本人は25%に対
し、韓国人は51%です。


今回の調査結果では、日韓で比較してみると、「本大会に興味があ
りますか」という設問に対し、韓国人は日本人の約2倍の8割が「興
味がある」「非常に興味がある」と回答し、「本大会を観戦する予
定はありますか」という設問に対しては、日本人はわずかながら
「観戦しない」と回答したのに対し、韓国人は「観戦しない」と回
答した人がいなかったことから、日本人より韓国人の方が本大会へ
の興味・関心度が高いと考えられます。また、「本大会の自国チー
ムの最終結果予想を教えて下さい」という設問には、「予選リーグ
敗退」と回答した日本人は、韓国人の約4倍の76.4%と高く、日本
より韓国の方が、自国チームへの期待度が高いことが分かります。
それに伴い韓国の本大会関連グッズ購入意欲は、日本の2倍以上で、
更に、その購入方法は約半数の韓国人がECサイトを利用するという
結果でした。



【 調査結果概要 】
(1) 韓国人は日本人の約2倍、2010 FIFAワールドカップに興味がある

Q: あなたは、今回のFIFAワールドカップサッカーに対してどの程
度興味がありますか。(単一回答)

本大会に「興味がある」「非常に興味がある」と回答した日本人は
43.6%、韓国人は77.7%となっており、韓国人の方が本大会に興味
を持っていることが分かりました。また、「本大会をどの程度、観
戦したいと思いますか」という設問に対して、「観戦したい」「是
非観戦したい」と回答した韓国人の合計が、日本人の約2倍となっ
ていること、「ワールドカップを自国で開催して欲しいですか」と
いう設問に対し、韓国人は日本人の約2倍が「是非開催して欲しい」
と回答していることからも、本大会への興味は、韓国人の方が高い
ということが分かります。


(2) 2010 FIFAワールドカップでの自国への期待度は、韓国人が日本
 人の4倍
Q:あなたの、今回のFIFAワールドカップサッカーでの自国チームの
最終結果予想を選択してください。(単一回答)

自国チームの最終結果予想について、「予選リーグ敗退」と回答し
た日本人が76.4%で最多だったのに対し、「予選リーグ敗退」と回
答した韓国人は、わずか18.1%でした。韓国人で最も多い回答は
「ベスト16」で48.4%となっており、日韓の自国チームへの期待度
の差が顕著に表れています。


(3) 2010 FIFAワールドカップにおける優勝予想国は、日韓両国と
 もブラジル
Q:あなたは、どこの国のチームが優勝すると予想されますか。
 (単一回答)

出場32カ国中、優勝が予想されるチームの上位3カ国は、日韓両国
とも「ブラジル」「スペイン」「アルゼンチン」で、優勝すると予
想するチームは、両国に相違ないということが分かりました。


(4) 2010 FIFAワールドカップ関連商品の購入を予定している韓国
人は半数を超え、購入方法は「ECサイト利用」が最多
Q:あなたは本大会の関連商品を購入したいと思いますか。
 (単一回答)

本大会関連グッズを「購入したい」「是非購入したい」と回答した
人の合計は、日本人は25%、韓国人は51.6%でした。本大会への興
味関心、自国チームへの期待度も韓国人の方が高く、それらの結果
と関連グッズの購入については比例していると考えられます。



また、「購入したい」「是非購入したい」との回答者に対して、
「購入するとすれば、どのような方法で購入したいと思いますか」
というアンケートをとったところ、「スポーツ専門店」と回答した
日本人は最も多く65.7%だったのに対し、「ECサイト」と回答した
韓国人は49.2%と最多で、日本人の回答の約2.5倍でした。また
「スポーツ専門店」での購入については、両国とも男性よりも女性
に人気の購入方法ということも分かりました。

--------------------------------------------------
■ Research Panel Asia Inc  
   リンク 
代表取締役:中里 昇吾(なかざと しょうご)
取 締 役:宇佐美 進典(うさみ しんすけ)
      佐野 敏毅(さの としき)  
常勤監査役:児玉 裕二(こだま ゆうじ)
所 在 地:東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス4階
設立:2009年10月1日           
資 本 金:2億円(準備金含む)
主要株主:ECナビ100%子会社
事業内容:アジア地域におけるオンライン調査パネルの提供
    (中国パネル「91問問.com」リンク )
-----------------------------
【本件に関するお問合せ】
株式会社ECナビ 広報室:江頭(エトウ)、大西(オオニシ)
TEL:03-5459-3934   FAX:03-5459-4223 
E-mail:pr-info@ecnavi.co.jp
-----------------------------

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。