logo

“神の子”マラドーナをラモスが語りつくす!ライブカメラコミュニティ「スティッカム」、DVD『マラドーナ』発売記念番組をライブ配信。

プレスリリース

2010年6月7日
                          株式会社E-Times Technologies
                          代表取締役 吉田 宏徳 
================================================================================
“神の子”マラドーナをラモスが語りつくす!ライブカメラコミュニティ「スティッカム」、
DVD『マラドーナ』発売記念番組をライブ配信。
================================================================================
株式会社E-Times Technologies(所在地:東京都港区、代表取締役社長:吉田 宏徳)は、
同社が運営するライブカメラコミュニティ「スティッカム」において、キングレコード株式会社
(所在地:東京都文京区、代表取締役社長:重村 博文)運営する動画サイト「Oh!samaTV」と
共同で元サッカー日本代表のラモス 瑠偉さんをゲストに迎えた『マラドーナ』のDVD化記念番組を
ライブ配信致します。

スティッカム           リンク
Oh!samaTV             リンク

株式会社E-Times Technologiesは、「チャット」や「双方向ライブ配信」などにより、
ライブでの情報発信を可能にする次世代のライブカメラコミュニティ「スティッカム」
を運営しており、同サイト運営を通じて独自のライブ配信技術を蓄積して
おります。

今回、この「スティッカム」において、キングレコード株式会社のオフィシャル動画サイト
「Oh!samaTV」と共同でドキュメンタリー映画『マラドーナ』のDVD化記念番組をライブ
配信致します。

『マラドーナ』は2008年に製作されたドキュメンタリー映画。“神の手”や“五人抜き”など、
数々の伝説的プレーと、ピッチ内外での過激な言動で世間を騒がせた“神の子”マラドーナの
真実の姿に、名匠エミール・クストリッツァ監督が迫ったサッカーファン必見の作品です。
マラドーナは、今月末から開催される2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会にアルゼンチン
代表の監督として参加しています。

今回の特別番組では、元サッカー日本代表のラモス 瑠偉さんをゲスト迎え、マラドーナ
に関して熱く語って頂きます。サッカー魂溢れるラモスさんのこと、今回のテーマを忘れて、
南アフリカで戦う日本代表に対する“熱い檄”が飛び出すかも?

今回の特別番組に関する概要は下記の通りです。

■「Oh!samaTV」公式ライブ:『マラドーナ』DVD化記念スペシャル番組
【日時】平成22年6月8日(火)20:00~
【内容】エミール・クストリッツァ監督のドキュメンタリー『マラドーナ』DVD化を記念した
    特別ライブ番組。
【ゲスト】ラモス 瑠偉(元サッカー日本代表)
【配信URL】リンク


■『マラドーナ』
アルゼンチン国民の英雄、ナポリの救世主、稀代のエンターテナー、そして薬に溺れた堕ちた
偶像・・・。20世紀スポーツ界もっともスキャンダラスなスーパースター。“神の子”ディエゴ・
アルマンド・マラドーナ 49歳。名匠エミール・クストリッツァ監督がブエノス・アイレスから
ナポリ、ベオグラードへと“魂の反逆児”の真実を追った話題のドキュメンタリー作品が遂にDVDで
登場!!

引き裂かれた国。旧ユーゴスラビア、セルビア共和国出身。カンヌ映画祭で2度のパルムドール
(最高賞)に輝いた映画界の巨匠エミール・クストリッツァもマラドーナの熱狂的なファンの一人。
クストリッツァの祖国セルビアとマラドーナの祖国アルゼンチンは戦争や貧困という共通点を持って
いる。そしてサッカーの盛んな国としても。マラドーナは、クストリッツァに最高のプレーを見せ、
遠い異国から夢を与えた。今では世界中の人に愛されるクストリッツァの作品と貧困から栄光と
挫折を味わったマラドーナ。クストリッツァだから話せるマラドーナの今まで聴くことの出来なかった
告白。名作を撮り続けてきた男の夢“マラドーナを撮る”が遂に結実した。

本作でマラドーナは、サッカーだけでなく、政治、家族への愛、そして自分を死の淵へと追いやった
ドラッグ問題にも言及する。また“神の手ゴール”“世紀のゴール(五人抜き)”といった伝説の
スーパー・プレイや自身を称える歌「神の手」の大熱唱シーンも必見。これまでのドキュメンタリー
とは全く違う“素顔のマラドーナ”が映し出される。

【詳細】
リンク


株式会社E-Times Technologiesでは、「スティッカム」で培ったライブ配信技術を用いたさまざまな
コンテンツを提供し、『ライブ配信』という新たなメディアの価値を広く告知して参ります。


------------------------------------------------------
Stickam JAPAN!(スティッカム)概要
------------------------------------------------------
米国Stickam.comの日本版サービスとして2006年9月22日にオープン。

スティッカムは、ウェブカメラやデジタルビデオカメラを使ってライブ放送を配信するだけ
でなく、その放送にチャットやライブ映像を介して参加したり、ビデオ会議やテレビ
電話などの「プライベートライン」としても活用できる新時代のメディアサービスです。

スティッカムデータ   (Stickam JAPAN!/米国版 Stickam)    
サービス開始      2006年2月
登録メンバー数     630万人(2010年3月末)

Stickam JAPAN!    リンク
米国版 Stickam     リンク

------------------------------------------------------
Advanced Video Communications, Inc. 会社概要
------------------------------------------------------
Advanced Video Communications, Inc. は、2004年、米国カリフォルニア州ロサンゼルス
市にて設立。ライブカメラコミュニティ「Stickam.com」は、サンマイクロシステム社の
J2EEや、マクロメディア社のフラッシュコミュニケーションバー等の技術を利用し、
マルチメディアコミュニケーションを提供します。

米国でのメディア掲載履歴

・Stickam Streams NATPE, For A Price (2010年1月25日)
リンク

・Stickam.com Launches iPhone Streaming API (2009年11月1日)
リンク

--------------------------------------------------
株式会社E-Times Technologies 会社概要
--------------------------------------------------
設立:2004年4月
代表者:代表取締役社長 吉田 宏徳
資本金:8000万円
事業内容:ビデオコミュニケーションシステムを活用した様々なソリューションの企画、
提案およびコンサルティング

------------------------------------------------------
本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社E-Times Technologies 
Stickam JAPAN! プロジェクト 担当:鶴見(つるみ)
[Mail] sales@etimestech.jp [URL] リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。