logo

iPhone/Android対応「CNET Japan」正式版を開始

朝日インタラクティブ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大西弘美、以下、「朝日インタラクティブ」)は、2009年12月7日よりiPhone(Mobile Safari)/Android携帯電話等のスマートフォン向け「CNET Japan」( URL:リンク )の正式版を開始しました。

 iPhone/Android対応CNET Japanは、まず「CNET Japan モバイル版β」として、2009年9月9日に一般公開し、通勤時のビジネスパーソンに多く利用され、月間ページビューは約36万PVを超え、ユニークユーザーは約9万3,000UU(2009年11月実績)となっています。β版公開時からW3Cが策定するWeb Storage技術をいち早く導入し、記事データのキャッシングなどにより表示速度を向上させていることが特徴です。今回の正式リリースでは新着ニュースに加え、特集記事やコラムなどのコンテンツを追加しました(※1)。さらに、iPhoneやAndroidなどスマートフォンに対するマーケティングを検討する企業から寄せられたご意見を反映し、正式版公開にあたり、Twitterとの連携、検索結果のワードハイライト対応などの新機能(※2)を追加しました。あわせて広告媒体として、3つの広告メニュー(※3)をご用意しました。
 朝日インタラクティブは、既存のPC向けサイトはもちろんのこと、企業の皆様とビジネスパーソンを中心とした利用者の声にお応えする様々な試みを行い、皆様のビジネスを支援する事業の拡大を行ってまいります。
(※1)正式版で新たに追加したコンテンツ
1. 新着ニュースに加えて、特集やコラムなどのビジネス情報の配信
これまで行ってきた新着ニュースに加え、特集記事やコラムなど、次の一手を考えるために必要なビジネス情報の提供を開始しました。
(※2)正式版で新たに追加した機能
1. Twitterとの連携
Twitterでの情報発信は、ビジネスにおける戦略情報を、同僚や業界コミュニティで共有するメディアとしても高い注目を浴びています。正式版では、ビジネス情報の共有を促進するため、サイトやアプリケーションの遷移なくサイト内からTwitterへの情報投稿ができる機能を追加しました。
2. 検索結果のワードハイライト対応
iPhone/Android対応CNET Japanでは、サイト内検索機能を利用した情報収集も多く利用されており、これらのビジネスマンの皆様のニーズにこたえるためにも、検索結果のハイライトなどに対応し、よりサイト内検索を通じた、情報入手の利便性を向上しました。
(※3)今回追加される3つの広告メニュー
1. バナー掲載メニュー
記事一覧や、記事本文などに企業メッセージを伝えるためのバナーを掲載いたします。なお、「CNET Japan モバイル版β」でのテスト掲載事例ではクリックスルーレート(CTR)が高く、感度の高いスマートフォン利用者の注目を集めております。
2. 全画面広告メニュー
サイトや記事にアクセスしたユーザーに対し、大画面の企業バナーを表示し、利用者の皆様に企業のメッセージを伝えます。
3. スマートフォン専用のタイアップメニュー
感度の高いスマートフォンユーザー層に対し、独自のタイアップ記事を掲載し、企業メッセージを伝えます(2010年1月リリース予定)。
朝日インタラクティブについて
朝日インタラクティブは朝日新聞社の全額出資会社です。朝日新聞や朝日新聞グループ内の他の媒体とも連携した展開を強めるとともに、事業継承したCNET Japan、ZDNet Japanなどのサイトを通じて変わり行くインターネット世界の情報も発信していきます。なお、当社はCBS Interactive, Inc.からライセンスを受けて、CNET Japan、ZDNet JapanおよびGameSpot Japanの各サイトを運営しています。これらのサイトの翻訳された記事の原文、グラフィック、ロゴ、商標権、著作権はCBS Interactive, Inc.に帰属します。
<報道関係のお問い合わせ>
朝日インタラクティブ株式会社 広報担当: 三浦
E-mail:publicr_inq@aiasahi.jp  TEL:03-3238-0700
コーポレートサイトURL:リンク
<広告商品に関するお問い合わせ>
朝日インタラクティブ株式会社 営業部 担当(宮本・吉川)
E-mail:sales-inq@aiasahi.jp TEL:03-3238-0702
詳細URL:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事