logo

「エビアン」公式ウェブサイトにて、5月21日(金)『水の学校』開校!

ダノンウォーターズオブジャパン株式会社 2010年05月21日 12時33分
From PR TIMES

ナチュラルミネラルウォーター「エビアン」が環境にかかる新たな取り組みを開始します。
「エビアン」公式ウェブサイトにて、5月21日(金)『水の学校』開校!





 ナチュラルミネラルウォーターブランド「evian(エビアン、以下エビアン)」を有するフランスの総合食品メーカー・ダノングループの飲料水事業を日本で展開するダノンウォーターズオブジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:リチャード・ホール、以下ダノンウォーターズオブジャパン)は、国連が定める「国際生物多様性の日」(5月22日)に合わせ、「エビアン」公式ウェブサイト内にて、2010年5月21日(金)から環境問題や湿地保全活動などへの「エビアン」の新たな取り組みである『水の学校』のコンテンツ(リンク)を展開いたします。

 今回展開する『水の学校』は、「エビアン」が行ってきた水源地の環境保護や湿地保護活動について消費者がウェブサイトを通して「学び」、その活動に消費者自身が「取り組み」、その輪が「拡大していく」ことで大きなアクションとなることを目的としたプロジェクトです。
 「エビアン」は、安全で美味しい水をお届けするために、フレンチアルプスの麓にある水源地の環境を保全してきました。その豊富な知識と経験を生かして、湿地保全に関する国際条約であるラムサール条約とパートナーシップを結び、10年以上にわたりサポートしています。湿地を保全することは、気候の安定、生物多様性の維持、そして周辺住民の生活にも役立つことであり、美しい地球を未来に残すために欠かせない環境保護活動の一つです。1人でも多くの方々に、湿地の重要性、ラムサール条約の意義をご理解いただき、保全活動を活発化させていくために「エビアン」は『水の学校』」を立ち上げました。

<生物多様性について>
「生物多様性」とは、すべての生物の間に違いがあることであり、生態系、生物種、遺伝子の多様さまでを含めた幅広い概念です。地球上の生きものが、それぞれに個性を持ち、それらが森から海まで、そして、 食う・食われる、花粉を運ぶといったさまざまな関係でつながっていることを示しているとも言えます。生物多様性を守る上で、湿地は重要な役割を持っており、多くの生物生存のためには湿地は不可欠です。しかし、世界の湿地はこの100年で全体の約50%が失われてしまいました。この事実は一般にはほとんど知られていません。これらの事実を含めた「エビアン」の環境に対する活動を『水の学校』で学んでいただき、私達に何が出来るかを一緒に考えていきたいと考えています。

<『水の学校』について>
 「エビアン」公式ウェブサイトに開校したプログラム『水の学校』では、環境省の協力のもと、ラムサール条約に深く関わる「湿地」について学ぶことから始め、月1回程度の学習コンテンツ更新を予定しています。単元が終わるごとに、期末テストを実施。テスト成績優秀者の中から抽選で夏に行う「湿地保全活動体験ツアー」へご招待し、実際に学習したことをフィールドワークにて体験できる内容となっています。
また、開校を記念して7月末日まで『水の学校』入校者を対象に抽選で100名様に、身近なエコ活動を実践できる「エビアン」×かまわぬ*コラボ オリジナル風呂敷のプレゼントも実施予定です。

<* かまわぬについて>
 代官山・原宿などに直営店を持ち、全国で展開されている幅広い年代層に人気のある手拭い専門店「かまわぬ」。
「かまわぬ」の由来は、江戸時代に大流行した判じ絵の柄から。それとともに「かまわぬ」には 「特別に何のお構いも出来ませんが、気軽にお立ち寄りください」という意味が込められています。また、手拭いなど古き良きものを新しい感覚で取り入れ、遊びのある和雑貨などを中心に、人々が心地よく楽しい生活を送るためのブランド展開を行っています。(リンク

<ラムサール条約について>
 1971年、イランのラムサールで調印されたこの国際条約は、湿地及び湿地の提供する資源の保全と賢明な利用に向けた各国の行動および国家間の協力へ枠組みを提供する政府間協定です。現在の締約国は日本を含む159ヶ国で、合計1億8,500万ヘクタール以上におよぶ1,886ヶ所が国際的に重要な湿地(ラムサール条約湿地)として登録されています。(リンク

<「エビアン」について>
 フレンチアルプスの手つかずの大自然が育んだ、天然のカルシウムとマグネシウムのミネラルバランスに優れたナチュラルミネラルウォーター、「エビアン」。誕生してから200年以上の間、「エビアン」は世界約130ヶ国において展開されているグローバルブランドです。水源は世界有数の自然保護区、フレンチアルプス。フレンチアルプスに降り積もる雪や雨が約15年の歳月をかけてゆっくりとろ過され、大地に浸透し、湧き出た自然のままの水。「エビアン」の水源はあらゆる汚染から完全に隔離され、外気に触れることなく直接ボトリングし、殺菌・除菌など人の手を一切加えていない、EUの厳しい基準を満たしたナチュラルミネラルウォーターです。
 「エビアン」はダノングループのブランドで、日本においては、伊藤園・伊藤忠ミネラルウォーターズ(株)が輸入、販売を行っています。**
**「エビアン」の独占販売権は(株)伊藤園が、独占輸入権は伊藤忠商事(株)が保有しています。

<ダノングループについて>
 ダノングループは、2008年フォーチュン500に数えられ、世界において最も成功を収めている健康食品企業のひとつです。世界中のできるだけ多くの人々に、おいしく、栄養があり、各市場に適した食品と飲料製品を通じて健康をお届けすることを使命に掲げております。この使命にのっとった活動により、ダノングループは継続的な急成長を遂げています。現在、全世界において五大陸120ヶ国以上で事業を展開しており、約7万6千人の従業員、150の工場を擁しています。

 ダノングループは、チルド乳製品(世界第1位)、飲料(ミネラルウォーター市場世界第2位)、乳幼児向け食品(世界第2位)、および病院用栄養食の4つのビジネスを核としたヘルシーな食品をお届けする企業として確固たる地位を築いています。Euronext Parisの上場企業であり、また社会貢献活動としては、Dow Jones Sustainability Index Stoxx and World, ASPI Eurozone および Ethibel Sustainability indexといった主要な指標に含まれています。 (リンク)

■お客様からのお問合せ先(商品に関するお問合せ先)
「エビアン」お客様相談室
TEL:0800-170-1100

■エビアンオフィシャルホームページ
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。