logo

雑誌初、AR(拡張現実)実用事例を開発!【GQ JAPAN】

雑誌初、AR(拡張現実)実用事例を開発!

- ビジネスチャンスを広げる、無限に情報をストックできるAR名刺。
- ショッピング革命!自宅が試着室に。
- iPhone × ARで店舗誘導。
- 中村俊輔が表紙から飛び出す!?




本質にこだわる男性のためのクオリティ・ライフスタイルマガジン
『GQ JAPAN』7月号(5/24発売)では、「ビジネス×先端技術で
楽しい明日がやってくる!デジタル時代の未来予想」と題し、
新しい技術を活かしたビジネスチャンスを、国内外の専門家や
注目企業の動向からひもときます。


中でも注目の先端技術である、AR(拡張現実)。

『GQ JAPAN』7月号の特別付録として、AR先進国である日本の
技術者たちの協力を得て、GQオリジナルのAR体感キットを
開発しました。

WEBカメラを使った事例ではQONCEPT(コンセプト)による技術協力、
iPhoneを使った事例ではKoozyt(クウジット)による技術協力と
euphonic(ユーフォニック)によるデザイン協力のもと、企画が実現しました。
「ARって実際どうなの!?」という疑問に答えるべく、ビジネスマンにとって
不可欠なアイテムや事柄を、AR技術を使って便利で役立つ仕様にすると、
どうなるのか・・・。

無限に情報をストックできる未来型の名刺や、自宅でできるネクタイ&
時計のフィッティング、GPSと連動した店舗誘導マーケティングツールの
開発に加え、表紙にもプラスアルファのコンテンツを盛り込みました。

AR体感キットの利用方法は、『GQ JAPAN』7月号と、
5/24(月)に公開するGQ.com内の特設サイトに掲載します。

その他、AR技術を使ったネクタイのフィッティング体験いただくブースを、
次の店舗で5/24(月)からの2週間(トーキョー カルチャート by ビームスのみ
5/29~6/23)、実施いたします。是非お立ち寄りください。

・トーキョー カルチャート by ビームス
・丸善 丸の内本店2F
・青山ブックセンター本店
・TSUTAYA TOKYO ROPPONGI


その他、『GQ JAPAN』7月号の特集は、以下の通りです。

・『やべっちF.C.』&世界の『GQ』が大予想!2010ワールドカップ、
 日本代表はどこまで行ける?
・iPad、ついに日本上陸!タブレットPCで世界はどう変わる!?
・愛人たちが裸の激白!タイガー・ウッズの真実。
・連載スタート!嵐 ジェントルマンへの道! 等


【ARキット開発 協力会社概要】
株式会社コンセプト
2008年に、システム会社、広告代理店、ITベンチャー、投資会社、
経営コンサルティング会社など、様々なバックグラウンドをもった幅広い専門性の
高いメンバーにより創業。技術力と想像力を武器として、AR・3D表現などの
先端技術を活用したコア技術の提供、コンサルティング、ソリューションサービス、
研究開発支援を展開する。 リンク

クウジット株式会社
2007年、ソニーコンピュータサイエンス研究所のメンバーによって創業。
リアルとネットをつなぐユニークな技術で、人の行動や体験をデザインし、
社会に貢献することを目指している。膨大な量の無線LANアクセスポイント情報を
使って現在地を取得する「PlaceEngine」技術のライセンスや、『相田みつを美術館』、
東京国立博物館の『法隆寺宝物館』などの位置連動アプリ開発等を手掛ける。
リンク

株式会社ユーフォニック
1987年設立。CMやテレビ番組などの映像制作や、CG企画・制作、
インターネットコンテンツ企画・制作など、幅広く手掛ける。 リンク


【GQ JAPAN】
1957年に米国で創刊し、現在17カ国で発行される、クオリティ・ライフスタイル誌
『GQ』の日本版。知性・品性・感性を備え、本質にこだわる男性のための月刊誌として、
2003年に創刊。時代に影響を与えた各界の男性たちを毎年年末に表彰する
「GQ Men of the Year」も好評。今年創刊7周年を迎えた。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事