logo

再生可能エネルギーの貯蔵

パワーグリッドの間欠管理のバッテリ、フライホイール、溶融塩電池、揚水発電などの技術

再生可能エネルギーに対して投資する国々は増えているが、太陽光は夜エネルギーを提供できないし、風はとまることもあって発電は一定ではないので、電力のパワーグリッドに太陽光や風力発電を追加することは、やりにくいことである。電力網は、このような予測がしにくい電源に対処できないために、世界の電力会社は、均一化するためのエネルギー貯蔵のソリューションを調査し採用している。エネルギー貯蔵によって、太陽光や風力、揚水発電による余分な発電を蓄積し、太陽が照ろうが照るまいが、風が吹こうが止まろうが、需要にあわせて電力を提供することができる。
この調査レポートは、電力網に現在使用されている最新のエネルギー貯蔵と、調査中の技術を分析し、予測期間中にこれらの技術で先行する世界の電力会社にも注目している。


【調査レポート】
再生可能エネルギーの貯蔵:パワーグリッドの間欠管理のバッテリ、フライホイール、溶融塩電池、揚水発電などの技術
Renewable Energy Storage
Batteries, Flywheels, Molten Salt, Pumped Hydro, and Other Technologies That Help Manage Intermittency in the Power Grid
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事