logo

デマンドレスポンス市場は、2020年に82億ドルに拡大

米国の市場調査会社、パイクリサーチ社がデマンドレスポンス市場を調査予測した「デマンドレスポンス(DR)市場調査: ピーク時の電力使用負荷管理向けアプリケーション(商用/産業/住宅) - Demand Response:
Commercial, Industrial, and Residential Applications for Peak Demand Load Management 」を出版

電力会社がピーク時の電力需要を削減することのできる、革新的な技術とビジネスの連携の組合せによるデマンドレスポンス(DR)は、スマートグリッドの『キラーアプリケーション』であると見られてきた。デマンドレスポンスには、経済的にも、環境的にも、社会的利益のためにも、大きな可能性があると考えられるが、いまだ揺籃期を脱していない。しかし、米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「デマンドレスポンス(DR)市場調査:ピーク時の電力使用負荷管理向けアプリケーション(商用/産業/住宅) - Demand Response: Commercial, Industrial, and Residential Applications for Peak Demand Load Management」によれば、デマンドレスポンス市場は2013年には劇的な成長を開始し、安定的な(moderate)予測でも、年間市場は2010-2020年に14億ドルから82億ドルに上昇するだろう。


「デマンドレスポンスは、本来的にはエネルギー効率化のアプリケーションである。デマンドレスポンスは、技術市場であるにとどまらず、電気に如何に値付けをして販売するかの、真の意味での革新を提供するものであり、このビジネスモデルの重要な点は、顧客がエネルギー管理に参加しなければならないということにある」と、パイクリサーチ社の調査アナリストJevan Fox氏は語る。


デマンドレスポンスのビジネスは、商業や産業の分野においては、住宅市場に比べて収益をあげやすいだろうとも、Fox氏は述べている。現在、多くのデマンドレスポンスの専業の企業や、CSP(Curtailment Service Providers、小売事業者・アグリゲータ)が、商業向けや産業向けの市場を推進しており、デマンドレスポンスの成長以上に競争が激化するだろうとパイクリサーチ社は予測している。大手のIT企業やソフトウエア企業、ESCO事業者(建造物省エネ対策を請け負う)、企業のエネルギー管理ソリューションベンダなどの新規参入も見込まれている。


この調査レポートは、商用、産業用、住宅向けのデマンドレスポンスの製品とサービスの市場を分析している。デマンドレスポンスプログラムの効果、法規制、消費者の動機、価格戦略の動向などの市場の課題と市場促進要因を分析し、3つのシナリオによる2020年までのデマンドレスポンスのビジネスチャンスを予測している。


【調査レポート】
デマンドレスポンス(DR)市場調査: ピーク時の電力使用負荷管理向けアプリケーション(商用/産業/住宅)
Demand Response
Commercial, Industrial, and Residential Applications for Peak Demand Load Management
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。