logo

使用目的に合わせて、いつでもどこでも自由なスタイルで使える ずっと一緒にいたくなるPC NEW VAIO P Series ~2010年5月22日(土)新発売~

ソニーは、パーソナルコンピューターVAIOの夏モデルとして、使用目的に合わせて、いつでもどこでも自由なスタイルで使える、ずっと一緒にいたくなるPC NEW VAIO P Seriesを2010年5月22日(土)より発売します。



今の時代、外出中に単にインターネットを見るだけであれば、携帯電話やスマートフォンで十分です。今話題となっているTwitterの閲覧や書き込みも、スマートフォンで全く問題ありません。ただ、人によってインターネットの利用目的は十人十色です。大量のメール返信や、SNS・ブログの記事投稿、資料作成時の調べモノなど、携帯電話やスマートフォンよりもPCを使った方が効率が良いシーンは少なくありません。また、外出先でも自宅のPCと同じ環境でインターネットがしたいけど、持ち運びが大変なのは嫌だ、という人もいます。  リサーチ機関のMMD研究所が5月7日に発表した「ビジネスマンの外出時におけるインターネット利用に関する実態調査」でも、「スマートフォンユーザーの8割超が、ウルトラモバイルPCとの使い分けを検討」という結果が出ており、これからは用途によってスマートフォンとモバイルPCをうまく使い分ける時代になってくると思われます。
 また、調査では日本のWi-Fi環境についても言及されており、日本は世界と比較してもWi-Fi環境の整った国であるにも関わらず、利用率はそこまで高くないようです。

 NEW VAIO P Seriesは、そんな時代のニーズに応えるべく、外出先でもいつでもどこでも、様々な自由なスタイルで使える機能やデザインを追及し、外に持ち出した上での新しいバリューを提供するPC、ずっと一緒にいたくなる、いつもそばに置いておきたいPCを目指しました。

■NEW VAIO P Seriesのずっと一緒にいたくなる特徴

1.横スタイル、縦スタイル、さらにモバイルグリップスタイルをご提案
 通常の横スタイルに加え、縦にしても使うことができ、さらに、モバイルグリップスタイルという使い方もできます。液晶の両脇を持って使うスタイルです。液晶の両脇にタッチパッドとクリックボタンを配置することで、スクロール、タップ、ダブルタップの操作にも対応。スクロールは左右ボタンを同時に押しながら、タッチパッドを動かすとスクロールできます。
 WEBや写真、PDFなどデータ閲覧が主になるシーン、例えばベッドやソファで横になりながらPCを使う「寝モバ」時や、立った状態での使用に快適なスタイルです。

2.ユーザビリティー向上のためにあらゆるセンサーを徹底活用

●加速度センサー
・ジェスチャー操作
 本体を軽く左右に傾けるだけで、Webのページ送りや戻しの操作を直感的に行うことができます。縦に半回転させて縦長表示モードにすることにより、縦長のWebページや写真なども見やすくなります。
●位置情報
 ユーザー自身がいる位置情報を取得できるGPS*1もしくは「PlaceEngine」や、向いている方角を検知できる「デジタルコンパス」を活用する位置情報活用アプリケーション「VAIO Location Search」を搭載。地図情報などと連携して周辺の飲食店の情報などを表示することができます。
●照度センサー
 環境光を測定し、ソフトウェアと連携して周囲の明るさを感知し、最適な輝度を設定する「照度センサー」の搭載により、消費電力をおさえ、バッテリー駆動の長時間化を実現。

3.無線LAN+WiMAXを標準搭載
 VAIOオーナーメードモデルでは、無線WAN(3G)とWiMAXを同時に搭載することが可能です。

4.バッテリー駆動時間を最長約6時間に
 初代が約4.5時間だったバッテリー駆動時間を最長約6時間に延ばしました。Lバッテリーなら最長約12.5時間。

5.全モデルSSD搭載
 高速アクセス、消費電力の低減、振動や衝撃に強い信頼性、軽量化を実現しました。

6.外でも使いたくなるようなビビッドなデザイン、グリップしやすいマットな質感
 天板、底面・バッテリー、キーボードを一つのカラーでぐるりと包み込むようなデザインを採用し、手になじむ、やわらかく心地よい印象を与えるデザインを採用しました。
 アクティブなイメージを想起させる、ビビッドカラーを採用。ホワイト、オレンジ、ピンク、グリーン*1、ブラック*1、ブラッククロコダイル*1の6種類の展開で、ユーザーの個性に合ったボディー色の選択が可能です。また、グリップしやすさや耐久性を考慮し、ゴム風のマット感のある塗装を採用しました。

※1:VAIOオーナーメード/法人向けカスタマイズモデルで選択可能です。


■ VAIO “COMING-OUT” PROJECT WEB企画第1弾■

UstreamとTwitterを使ってアーティストが即興で曲を制作
“COMING-OUT BEATS”キャンペーン 5/10(月)スタート!
URL: リンク

■NEW VAIO P Series WEB企画第1弾 “COMING-OUT BEATS” キャンペーン■
特設サイトにて、5月10日(月)スタート!

NEW VAIO P Seriesが提供する自由なPCスタイルを感じていただく“きっかけ”となる、「カミングアウト」をテーマにしたキャンペーン活動VAIO“COMING-OUT” PROJECTを5月10日(月)よりスタートいたします。VAIO“COMING-OUT” PROJECT WEB企画第1弾として、VAIO“COMING-OUT BEATS”キャンペーンを、同日5月10日(月)より20日(木)AMまで、期間限定で実施いたします。
 VAIO“COMING-OUT BEATS”キャンペーンは、ユーザーに自分の趣味、こだわりなどの共有(カミングアウト)したいことを、特設サイト上でつぶやいていただいた中から、アーティストたちがピックアップし、そのカミングアウトワードと企画閲覧者のTwitterのコメントから即興で一曲の歌を制作するという、企画となっております。できあがった曲はアーティストが実際にその場で歌って録音します。

■Ustream&Twitterでアーティストと一緒に曲作りをしている感覚が味わえる!■

アーティストの作詞・録音する過程は、リアルタイムでUstream中継いたします。アーティストの生で制作・録音する姿を見ながら、世界で一つだけのオリジナルソングが完成します。また、歌詞は、アーティストが選んだカミングアウトワードをテーマに、インターネットから自動でピックアップした関連するワードと、制作中にリアルタイムにくるTwitterからのつぶやきも参考にしながらアーティストが曲作りを行います。UstreamとTwitterを使うことで、アーティストとユーザーが一緒になって曲を制作している感覚を味わっていただけます。

■Ustream リアルタイム中継、最初の3日間は24時間を予定!■

アーティストによるリアルタイム“COMING-OUT BEATS”の中継は、下記の通りを予定しております。
5/10(月)19:00~24:00、5/11(火) 0:00~24:00、5/12(水) 0:00~24:00、5/13(木)-19(水)15:00-23:00
※都合により時間が変更になる場合がございます。
※リアルタイム中継以外の時間は、前日までのリアルタイム中継のダイジェストを放送します。

■参加予定アーティスト■

KUWAMAN、麦 THE MC、nes、rio、TAIYO、JUMPEI、TKT、DOMME、
LARGE IRON・ INI /MIC JACK PRODUCTION、
MC MUTA/NORTH SMOKE ING、YAS IAM/CHOCOLATE FACTORY、
BASI・サッコン・FUNKYMIC/韻シスト、KEN THE 390
※都合により参加アーティストは変更になる場合がございます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事