logo

クロスプラットフォーム・データベース対応のリアルタイム・レプリケーション・ツールの最新バージョン「DBMoto 7」を発表

株式会社クライム(東京都中央区)は本日、米国HiT Software社が開発したクロスプラットフォーム・データベース対応のリアルタイム・レプリケーション・ツールの新バージョン「DBMoto 7」を発表しました。

DBMoto 7はCDC(Change Data Capture)とリアルタイム・データベース・レプリケーション・ソリューションの最新バージョンです。DBMoto7はエンタープライズ環境で要求される多重データベース間でのデータ同期、リモート管理、高度なセキュリティ機能などのオプション機能を取り揃え、レプリケーション結果のモニターと比較手法を準備しています。これによりDBMoto7はさらにエンタープライズ用途のリアルタイム・データベース・レプリケーション・ツールとしてレベルアップしました。

■ DBMoto 7の主な新規機能:

□ マルチ・サーバ機能

● DBMoto 7は複数の異なるデータベース間でのデータのシンクロナイゼーション(同期化)機能を含むデータのシンクロナイゼーション機能を拡充しました。

● DBMoto7はOracle RACのようなデータベース・クラスタ間でのレプリケーションのサポートと、さらにMicrosoft Windowsクラスタ環境での実行を確立しました。

● これらの新たなサーバ機能は指定した遠隔地や複数の場所からのDBMotoのリモートでの管理・制御を可能としています。

□ データ管理のためのセキュリティ強化

● DBMoto管理者はDBMotoのセキュリティ機能かMicrosoft Windows Integrated Securityを利用してファンクション・レベルでのオペレーションに関してマルチ・ユーザ・アクセスを管理することができます。
● DBMoto7はソースとターゲット・データベースのテーブルへのアクセスを柔軟に管理・フィルタリングできる新規オプションを提供します。

● 新規メタデータの管理機能拡張で、バックアップ/リカバリ・オペレーション、ディザスタリ・リカバリ・プラン、データ・マイグレーションとアップデート/再インストールの簡素化をサポートします。

*レプリケーションの実行環境情報はメタデータ・テーブルに保存されます。


□ データ監査機能

●新規DBMoto Verifierにより管理者はデータのレプリケーション前と後でのデータの比較・管理が可能になりました。これにより、レプリケーションのデザインと構成の正確度を向上させることができます。
● 新たなデータ監査機能により、ログ・テーブルに変更したデータのエクスポート、そのファイル・フォーマットの選択を可能とします。

□トランザクション・データ・レプリケーション用のデータベース・サポートを拡充

● DBMoto 7はIBM DB2 LUWをソース・データベースとしたCDC(Change Data Capture)とシンクロナイゼーション用のトランザクション・ログ・ベースのサポートと、同様に基幹業務アプリケーションのデータ・タイプのサポートを提供します。

● サポートするデータベースの拡充としてIBM DB2, Oracle, Microsoft SQL Server等からのNetezzaデータウェアハウス・アプリケーションをターゲット(複製先)としてのレプリケーションとCDC機能を追加しました。

● さらに追加機能として、DB2 for IBM iのジャーナル入力の低減化、各種データベースでのXMLデータ・タイプのサポートがあります。

□ GUIのカスタマイズ化

●新規DBMoto Management Centerはユーザごとに簡単にGUIをカスタマイズが可能です。ウィザードと機能はそのままで簡単にナビゲーション・オプションを追加することができます。

■ 出荷開始時期:2010年6月初旬を予定

■ 価格: オープン価格

■ 評価版:
弊社ホームページ(リンク)から申込ができます。

【ニュースリリースへのお問合せ先】
株式会社クライム ソフトウェア事業部
TEL:03-3660-9336 FAX:03-3660-9337
Email: soft@climb.co.jp  リンク

■ 株式会社クライムについて:
株式会社クライムは1984年に設立され、アプリケーション開発、ソフトウェア販売サポート、アウトソーシング・サービス、Webコンテンツ企画・制作、をユーザに提供しています。自社コンテンツとして日本市場と米ITベンチャーを結ぶ情報ゲートウェイ「Silicon Valley Gateway」などがあります。

■ HiT Softwareについて:
「DBMoto(デービーモト)」は米国Hit Software社 ( リンク )が開発したクロスプラットホームでのリアルタイム・データベース・レプリケーション・ツールで、クライムが2004年11月に日本国内での販売権を取得し、国内で発売するものです。クライムでは、同じHiT Software社が開発したリアルタイムXML-RDB双方向変換Javaツール「Allora」、DB2用アクセス・ツール「SQL Middleware」,インターネット、イントラネット通信セキュリティ・ツース「SafeConduct(セーフコンダクト)」を2004年11月から発売中です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。