logo

世界の消費者向けネットワークストレージ産業は、革新者から早期採用者の段階に突入

米国の市場調査会社インスタット社が消費者向けネットワークストレージの世界市場を調査した「世界の一般ユーザ向けネットワークストレージ市場調査 2010年:市場概況、技術、米国ユーザ調査 - Global Consumer Network Storage Market」を出版

一般ユーザ向けのネットワークストレージの市場は、成長の継続が主要因となって、「革新者」の段階を終えつつあるようだ。米国調査会社インスタット社は、主要メーカーは、認知度向上や需要拡大を喚起する使いやすさといった、消費者教育の真っ最中であると報告している。


「激しい市場競争にもかかわらず、6社のメーカーが、2009年の市場シェアを拡大した。しかし、製品の差別化が小さくなるにつれて、競争は、使いやすさ、機能性、ブランド認知度へと移行するだろう。消費者の家庭向け技術の市場力学とルネサンスが成熟し、消費者向けのネットワークストレージ市場の成長は、2014年までには革新者の時期を終えて、初期採用者の段階へと進むだろう」とインスタット社のアナリストNorm Bogen氏は語る。


インスタット社は、下記についても調査した。

●消費者教育と使いやすいドライブの採用によって、市場は成熟度を高め、市場シェアは数社のトップ企業に集中するだろう
●価格の問題は大きく、ハイエンドのCNS製品でも800ドル以下となるだろう
●テレビやブルーレイプレーヤなどのウエブ利用可能な消費者家電製品は、CNS製品の需要やアプリケーションを多角化させている
●消費者向けネットワークストレージ市場は、2009-2014年にCAGR約40%で成長するだろう


インスタット社の調査レポート「世界の一般ユーザ向けネットワークストレージ市場調査 2010年:市場概況、技術、米国ユーザ調査 ー Global Consumer Network Storage Market」は、消費者向けネットワークストレージの世界市場を調査している。2014年までの容量、価格帯、地域毎の市場予測、ネットワークストレージとホームネットワークエコシステムの市場課題とビジネスチャンスの分析、ホームネットワークとインターネット接続デバイスと利用に関する消費者調査、主要メーカーの市場シェア、製品、機能のマトリクスなどを記載している。


【調査レポート】
世界の一般ユーザ向けネットワークストレージ市場調査 2010年:市場概況、技術、米国ユーザ調査
Global Consumer Network Storage Market
リンク

◆米国市場調査会社 インスタット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事