logo

ポジションセンサベンダとユーザは市場回復に関して楽観的

米国市場調査会社VDCリサーチ社は調査レポートシリーズ「ポジションセンサ:世界の市場需要分析 第9版 POSITION SENSOR MARKET, 2009」のプレスリリースにおいて、ポジションセンサ市場は今後半年間は強気、2011年末まで堅調との予測結果を発表しました。

米国調査会社VDCリサーチグループ社の調査レポート「ポジションセンサ:世界の市場需要分析第9版ー第1巻近接センサ - Position Sensor Market, 2009: Global Market Demand Analysis, 9th edition」は、産業界でのポジションセンササプライヤとユーザを調査し、今後半年間に改善するだろうと報告している。


この調査レポートは、世界のポジションセンサ市場の需要を分析し、世界的な不況によってあらゆる産業が厳しい局面を迎えたが、現在の市場環境といくつかの主要産業のファンダメンタルは改善しつつあるようだと報告している。


調査対象のユーザの約70%が自社製品の販売が下落しており、ポジションセンサの購入も減少していると認識している。しかし、それらのユーザの70%が、2011年初頭から2011年内にかけて堅調に回復するだろうと確信している。


「この産業では、平均成長率は4-5%が標準的と考えられるが、この調査レポートは、CAGR10%以上になるだろうと予測している。実際、サプライヤの受注は増加しており、特に2010年第1四半期は、非常に好調な四半期を迎えるだろう」とVDCリサーチグループ社のシニアアナリストDavid Laing氏は語る。


しかし、すべての産業分野が楽観的なわけではない。2008-2009年に非常に好調だった軍事・航空市場は減速するだろう。新しいプラットフォームの遅れと中止が最大の理由である。しかし、更新や改造は順調だろう。


この調査レポートは、世界のポジションセンサ市場のビジネスチャンス、世界市場の需要、予測、機器のOEM、インテグレータとエンドユーザの需要と選択、運用上の影響など、ポジションセンササプライヤコミュニティの組織分析、短期的な市場成長と発展のための主要要件・力学・市場傾向、サプライヤへの助言などを記載している。


【主な調査内容】 ※掲載予定の内容を含みます

●世界のポジションセンサ市場の定義と分析、2009年から2013年までの予測
●特定製品について、世界のポジションセンサ市場需要の詳細分析
 1.近接センサと光電子センサ - 容量性、誘導性、磁性、磁気アクチュエータ、光電子、ホトトランジスタ、超音波、リミットスイッチ
 2.直線変位センサ - 容量性、エンコーダ(誘導性、磁性、光)、誘導性、レーザ、LVDT、磁歪、電位差、超音波
 3.ロータリポジションセンサ(非モジュール) - エンコーダ(接触型、磁性、光、インダクトシン)、電位差、レゾルバ、RVDT、シンクロスコープ
●ポジションセンサ製品予測
●機器OEM、インテグレータとエンドユーザの技術およびコマーシャルファクタにおける需要と志向
●ポジションセンサのサプライヤー団体の組織分析
●主なニュース、影響力、動向
●成功事例と提言


【調査レポート】
ポジションセンサ:世界の市場需要分析 第9版
POSITION SENSOR MARKET, 2009
GLOBAL MARKET DEMAND ANALYSIS, NINTH EDITION
リンク

◆米国市場調査会社 VDCリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。