logo

アクロディアの「VIVID UI(R)」を採用した大唐電信が中国初のきせかえサービスサイトを公開

 株式会社アクロディア(本社:東京都目黒区、代表取締役社長: 堤 純也、以下「アクロディア」)は「VIVID UI」をライセンス提供しているDatang Telecom Technology Co., Ltd.(本社:中国北京市、理事長兼社長:曹斌(Cao Bin)、以下「大唐電信」)が、中国で初めてのきせかえサービスサイトを公開し、有料コンテンツのダウンロード販売を開始したことを発表いたします。
 Nokiaの一部の端末で「きせかえアプリ」の配信を開始すると共に、今後、「きせかえコンテンツ」対応端末が各社から出荷される予定です。

 中国の大手通信機器ベンダーである大唐電信は、中国独自の3G通信方式であるTD-SCDMAの規格策定を主導すると共に、同規格に対応した通信モジュールを製造するなど、TD-SCDMAにおいてチャイナモバイルと共に非常に重要なポジションを担っています。中国で普及しつつある第三世代携帯電話(3G)向け商用サービス提供が始まる環境が整いつつある中、昨年6月にアクロディアが大唐電信へライセンス提供した「VIVID UI」をベースに、日本で実績のあるきせかえコンテンツサービスを中国市場で展開していきます。

 今後もアクロディアは、日本で既に実績のあるきせかえコンテンツサービスの中国市場での展開において、「VIVID UI」に関する技術情報やノウハウを提供し、中国でのサービス展開をサポートしてまいります。

以上

【株式会社アクロディア】
 アクロディアは、モバイル端末のミドルウェア技術などソフトウェアの研究開発を行う技術集団です。特にユーザーと端末との間を繋ぐ様々なインターフェース技術にフォーカスしており、ユーザーインターフェース技術およびメール拡張技術などを市場に提供しております。さらに、モバイルプラットフォームのインターフェースをより使いやすくするためにも欠かせない、グラフィック性能の向上に関する研究開発にも力を注いでおります。

所在地:東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー18F
設 立:2004年7月 
上 場:2006年10月 東証マザーズ(3823)
代表者:代表取締役社長 堤 純也
海外拠点:フィンランド、韓国、米国
ウェブサイト:リンク

【Datang Telecom Technology Co., Ltd.(大唐電信科技株式有限公司)】
 大唐電信は中国の通信機器ベンダーです。中国情報産業部の下部組織CATT(China Academy of Telecommunications Technology)を主要株主とする大唐電信科技産業グループ(Datang Telecom Technology and Industry Group)に属します。

事業内容:マイクロエレクトロニクス、ソフトウェア、通信アクセス、通信端末、通信アプリケーションおよびサービス等の事業
所在地:中国北京市
設 立:1998年9月 
資本金:438,986,400元
上 場:1998年10月 上海取引証券所(600198)
代表者:理事長兼社長 曹斌(Cao Bin)
ウェブサイト:リンク


※ 「VIVIDUI」は、アクロディアの登録商標です。
※ その他記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事