logo

グローバルナレッジ、「Interop Tokyo 2010」で協業

~ ナノオプト・メディアとの協業体制でInteropを支援 ~



グローバル ナレッジ ネットワーク株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:竹原一衛、以下グローバルナレッジ)は、株式会社ナノオプト・メディアと協業し、2010年6月7日(月)~11日(金)に幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2010」へ出展するとともに、ハンズオンセッションへの参加、有料コンファレンス販売など様々な面で参画します。

「Interop Tokyo 2010」は、「IT でスマート&グローバル社会への扉をひらく ~クラウド、デジタルメディア、モバイル、環境エネルギー・・・~」をテーマに、クラウドコンピューティング、仮想化、ネットワーク・セキュリティ、スマートグリッドなど最新のトレンドに焦点を当てて、展示会とコンファレンスを中心に開催されます。

 グローバルナレッジは、仮想化技術やネットワーク技術をはじめ幅広い技術研修ソリューションで、クラウド時代のITサービス提供者と発注者の人材育成を支援する企業としてブース出展します。またハンズオンセッションでは、グローバルナレッジのネットワーク研修担当講師がNT-01:「実践!初・中級IPv6ハンズオン:ネットワークエンジニアコース」(IPv6 Hands-on for Network Engineers)セッションを担当します。
 さらに有料コンファレンスの販売に協力し、集客面でもサポートします。


               - 記 -
◆「Interop Tokyo 2010」出展
・期間 : 2010年6月9日(水)~6月11日(金) 展示会
・会場 : 幕張メッセ 展示ホール 小間番号 「6D27」

◆「Interop Tokyo 2010」有料コンファレンスの販売
Interop Tokyo 2010では、ネットワークインフラ関連、クラウド/バーチャリゼーション関連、データセンター関連、セキュリティ&ガバナンス関連、IPv6関連、サービス(Web・アプリケーション)関連、モバイル&ワイヤレス関連、環境/エネルギー関連など多岐におよぶ有料コンファレンスが開催されます。
グローバルナレッジは、これらのInteropの最新コンファレンスの販売に協力します。
有料コンファレンスのお申し込みは弊社Webをご覧ください。
リンク

◆ ハンズオンセッション
NT-01
「実践!初・中級IPv6ハンズオン:ネットワークエンジニアコース」
(IPv6 Hands-on for Network Engineers)

山口 順司 (グローバルナレッジネットワーク株式会社 ソリューション本部 ネットワークグループ 講師)

IPv6アドレス表記などの概要から、ルーティング、IPv6での注意事項、IPv6への移行技術などを実機を交えて効果的に理解を深めるコースです。
演習環境には、一人1台のCiscoルータおよびWindows PCを使用し、最後のデモでは、コースで学習した技術を使って、実際にIPv4の環境からIPv6のインターネットへ接続するところまで行います。また、演習では、Ciscoルータでのコマンドによる操作がメインになります。

【主な受講対象者】
- ネットワーク管理・設計に携わる技術者で、IPv6への移行に興味がある方
- IPv4でのルーティングやアドレス設定・設計のご経験がある方
- IPv6の設定を実際に行ってみたい方
(実機を使ったハンズオンですので、営業の方向けではございません)

【セッション内容】
1章 IPv6概要
2章 IPv6アドレス
3章 IPv6アドレス設計
4章 ICMPv6
5章 IPv6ネットワークの構築
6章 IPv6での注意事項
7章 IPv6への移行技術
演習1. 初期設定
演習2.ルーティングの設定
演習3. トンネリングの設定

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事