logo

インターネット接続テレビ

ウイジェット、ブラウザ、フラッシュなどの技術

インターネット接続デバイスの需要と市場が拡大し、インターネット接続されたテレビも成長と進化のときを迎えている。2010年には約19%のフラットパネルテレビがイーサネットを装備しているが、2013年には46%まで成長し、ネット接続機能はテレビの機能の主流となるだろう。ハードウエアが改良されれば、ソフトウェアプラットホームとアプリケーションは本質的に変化するだろう。ハードウエアに関しては、マルチコアプロセッサの登場が予測され、CPUとハードウェアアクセラレーション/バス速度が重要になるだろう。多くのアプリケーションがクラウドに向かうとみられるが、テレビ以外のリソース需要に移行するものもある。どのような場合でも、メディアガイドや閲覧、ウエブ閲覧、更にはソーシャルや情報よりのアプリケーションなどの、ソフトウエアプラットフォームの力強い成長が継続すると考えられる。
この調査レポートは、インターネット接続できるテレビのハードウエアと関連するソフトウエアの市場を調査している。2002-2015年の時系列データと予測を記載している。



【調査レポート】
インターネット接続テレビ:ウイジェット、ブラウザ、フラッシュなどの技術
Internet-Connected TVs
Widgets, Browsers, Flash, and Other Technologies
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。