logo

自動アーカイブを含むメールシステム全体をWebブラウザで一括管理、GIDEON Mail Archive、TurbolinuxサーバーOSへの対応を発表

ターボリナックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森蔭政幸)は、株式会社ギデオン(本社:神奈川県横浜市、代表取締役: 西尾高幸)が開発・販売するメール自動アーカイブソフトウェア「GIDEON Mail Archive」が、当社のインターネットサーバー構築・管理ソフトウェア「Turbolinux Appliance Server 3.0(以下TLAS3)」に対応したことを発表いたします。

GIDEON Mail Archiveは、社内に蓄積されたメールを自動的にアーカイブ化し、整理されたインデックスにより効率的なデータへのアクセスを可能にするソフトウェアです。個々が検索できるメールアカウント範囲を管理者が自在に設定できるので、メールデータ共有化のメリットが活かせます。また、メーラーなど既存のメール運用環境の設定を変更することなく簡単に導入することができます。TLAS3対応により、Webブラウザのみで自動アーカイブも含めたメールシステム全体を一括管理・運用することが可能になります。

今後は、TLAS3とGIDEON Mail Archiveを組み合わせたソリューションを共同で展開すると同時に、「ギデオン アンチウイルス アンチスパムPlus」「ギデオンアンチウイルス メールサーバ Ver.3」とTLAS3をアプライアンス化し、導入後すぐにウイルス・スパム対策済みのメールシステムを利用できる製品の共同展開を予定しています。Cobalt RaQのGUIや操作性を継承するソリューションとして、旧製品の更新期を迎えたシステムのリプレース需要に積極的に対応していきます。

■ サーバー対応ソフトウェア情報
リンク

今後も随時当社OS製品の対応アプリケーション情報を更新し公開することでユーザーに多様な選択肢とより快適な環境を提供してまいります。

※LinuxはLinus Torvalds氏の商標です。ターボリナックスおよびTurbolinuxは、ターボリナックス株式会社の商標または登録商標です。その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。



<報道関係者お問合せ>
TLホールディングス株式会社 広報
TEL.03-6275-2000 MAIL. tlh-press@tl-holdings.com

《関連URL》
リンク
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。