logo

株式会社コネクタスが運営するコンピュータゲーム史ブログ『GAME HISTORY -ゲーム史の試み-』をスタート!ゲームの歴史からブームの裏側までコンピュータゲーム史の情報満載!

東工大発ベンチャー企業として、セキュリティシステムの開発を始め、人材アウトソーシング事業等を展開する株式会社コネクタス(本社:東京都目黒区、以下コネクタス)は、東工大発ベンチャー企業のネットワークを活かしたコンテンツ作りデモンストレーションとして提供中のゲーム史サイト『GAME HISTORY-ゲーム史の試み-( リンク )』を開設致しました。

■追加コンテンツ名
GAME HISTORY -ゲーム史の試み-
リンク

■最新記事(3/9更新)
[アタリショック その2]
ATARI 2600 Video Computer Systemの開発とアタリ社のワーナーへの売却
アタリ社としては,なんとしてもチャンネルFを上回る家庭用ゲーム機を開発する必要がありました.それがアタリVideo Computer System(VCS, 後にATARI 2600と改称)でした。
(続きはこちらへ リンク

■過去のブログタイトル抜粋
・侵略者が攻めてくる! スペースインベーダー
・アタリ社による『ポン』の成功
・家庭用コンピュータゲーム機 の発明 ラルフ・ベアの奮闘

1950年代に初のコンピュータゲームが開発されて以来、既に 60年近くの年月が経っています。日本でもインベーダーゲーム、ファミリーコンピュータ、プレイステーション、などの変遷を経て、現在では最もポピュラーな遊びの一つとなっています。
しかし、その変遷の過程を体系的にまとめたコンテンツはなかなか少ない現状です。コネクタスでは東京工業大学の若手科学史研究家と連携して、単なるエピソードの羅列ではない、史家の検証にも耐える一つの歴史資料となるコンテンツを目指し、本コンテンツを製作しました。

■今後の展開
今後も 5万PV/日を目標に独自のネットワークを活かした確固たるコンテンツを製作・発信する予定です。

■利用技術
ワードプレス(カスタマイズ)

■東工大発ベンチャーとは
『東工大発ベンチャー』の称号は、2002年6月19日付けで制定された『東京工業大学の研究成果を活用したベンチャー企 業への称号の授与に関する規則』に基づき、東京工業大学の研究成果や人的資源等を活用して起業されたベンチャー企業に対して授与されるものです。
コネクタスのネットワーク技術は、当社技術スタッフが、日本のインターネット黎明期から、東工大における専門研究(数理論理学)に必要な計算機環境を独自で開発、整備する過程で培われたものであり、ソフトウェア技術には、専門研究の成果が活かされています。

■株式会社コネクタス
大学、研究機関で培われた高度な技術を背景に、優秀な人材、信頼性の高いセキュリティ製品、サービスを世に送り出します。

本社所在地:〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1東京工業大学内インキュベーションセンター204号室
設立 :2001年12月20日
資本金:10,000万円
WEB: リンク
【事業内容】
設計開発 研究開発 試作 分析エンジニアのアウトソーシング
各種受託設計 受託開発 共同研究開発
コンピュータシステム開発・製造・販売及び保守・運用管理
コンピュータソフトウェア開発
情報システムに関する教育指導
情報システムコンサルティング業務

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社コネクタス
本社:〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1東京工業大学内インキュベーションセンター204号室
担当:山岸
TEL:03-5754-3357 FAX:03-5754-3358
MAIL:info@connectous.co.jp

《関連URL》
リンク
リンク
リンク
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]