logo

株式会社フィナンシャル・インスティチュートがWebサイトをリニューアル

費用対効果の高い、新規顧客獲得を目指したWebサイト構築

Webブランディングのパイオニア株式会社キノトロープグループにて、ITビジネスソリューションサービスを提供する株式会社キノトロープコンサルティング(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:飯山奈穂)が携わりました、株式会社フィナンシャル・インスティチュートWebサイトが3月5日(火)にリニューアル公開されました。

株式会社フィナンシャル・インスティチュートWebサイト
リンク


株式会社フィナンシャル・インスティチュートは、「資金繰りが厳しい」「銀行融資のノウハウが知りたい」などの問題を抱えている中小企業向けに、資金繰りや銀行融資の豊富なノウハウを活かした事業再生のコンサルティングを行っています。

リニューアル前にフィナンシャル・インスティチュートが抱えていた課題・問題として、以下のことがありました。
・集客コストがかさみ、効率よく集客出来ていない。
・今までWebサイトで獲得出来ていない、逃がしている新規顧客を獲得したい。
・サービスの特長や強みなどがWebサイトに掲載されておらず、ユーザに伝わっていない。
・Webサイトに対する社員のモチベーションが低い。
・社内から情報収集をスムーズに行える体制やルールが整っていない。

「コンサルティング」など無形のサービスを扱う場合、「誰の」「どのような悩み・問題を」「どうやって解決するのか」を明確に伝えることが出来なければ、多くのユーザは離脱してしまいます。

今回のリニューアルでは、「コンサルティングサービス」を具体的に、分かりやすく伝え、以下の一連の流れで「新規顧客獲得に有効なWebサイト」を目指しました。
・Webサイトへの「集客」
・問い合わせやセミナー等への「送客」
・Webサイトの鮮度を保つための、素早い情報の「運用・更新」

広告出稿などに頼りきりだった「集客」については、「広告に依存しないで集客できるWebサイト構造」を目指したWebサイトを制作しました。
今後は「集客コストを抑えた効率の良い集客」の達成度を測定しながら、コンテンツの拡張を進める予定です。

集客したユーザに対しても、サービスを正しく理解してもらうための詳細情報を提供し、より多くのユーザを問い合わせやセミナー等へ「送客」することを目指したWebサイト構造にしました。

また、各コンサルタントからの情報収集→Webサイトへの反映という一連の流れをテストケースとして実施。
今後は社内への運用業務フロー定着を進め、情報をスピーディーにWebサイトに反映させると共に、社内の情報提供者に対して「どれだけ効果が上がったか」をフィードバックするなど、「Webサイトへ情報提供をすることのメリット」を感じてもらう体制・ルール作りを予定しています。


詳しいプロジェクトストーリーは以下にあります。
リンク


【会社概要】
会社名 : 株式会社フィナンシャル・インスティチュート
本社 : 東京都港区海岸1-9-11 マリンクス・タワー2階
代表者 : 代表取締役 川北 英貴
業務内容: 中小企業向け資金繰り、事業再生コンサルティング
URL   : リンク

【会社概要】
会社名 : 株式会社キノトロープ
本社  : 〒151-0065 東京都渋谷区大山町45-14
代表者 : 代表取締役社長 門別 諭
資本金 : 3億1,750万円
社員数 : 120名
業務内容:下記の3ユニットを持つ、純粋持株会社である。
 ITビジネスソリューションユニット
     運用、開発ソリューションユニット
     アート&デザインソリューションユニット
URL   : リンク
関連URL:
  Webブランディング成功の法則リンク
  Webプロモーション・集客成功の法則リンク
  Webマーケティング成功の法則リンク

【会社概要】
会社名 : 株式会社キノトロープコンサルティング
本社  : 東京都渋谷区大山町45-14
代表者 : 代表取締役社長 飯山奈穂
業務内容: Webサイト戦略および、運用コンサルティング、各種調査、
  プロジェクトマネージメント、 Webサイトの企画・設計・制作・構築を行う。
URL   : リンク

【本件に関するお問合せ先】
株式会社キノトロープ
広報担当:浦崎(ウラサキ)
TEL:03-5478-8440
FAX:03-5478-8719
E-mail:o_toiawase@kinotrope.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。