logo

MONET社、データベース暗号化ソフト「Protegrity DPS」のTeradataデータベース向け販売の支援を発表

セキュリティ・ソリューションを展開する株式会社MONET(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:前野泰章)は、日本テラデータ株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:吉川幸彦)が販売するTeradataデータベース暗号化ソフト「Protegrity DPS」の販売支援を発表しました。

日本テラデータ社は、米国Protegrity(プロテグリティ)社のデータベース・カラム暗号化ソフトProtegrity DPSのTeradataデータベース向け販売を2010年3月2日に開始しました。Protegrity社の販売代理店であるMONET社は、日本テラデータ社への販売支援を行ってまいります。


Protegrity DPS(Database Protection System)は、データベース・テーブルのカラム単位の暗号化ソフトであり、Teradataデータベースにも対応しております。ユーザ(グループ)単位でデータベース上のデータ(カラム)の操作、閲覧権限を管理し、重要情報の漏えいや改ざんを防止します。また、統合管理機能により、ポリシーの一元管理とアクセス監査を簡単に行える事から、管理コストを削減すると同時に、内部統制やPCI DSS(*1)、HIPAA(*2)等へのコンプライアンス対応を強力に支援いたします。

 (*1) Payment Card Industry Data Security Standard: 支払カード産業(PCI)データ・セキュリティ基準
 (*2) Health Insurance Portability and Accountability Act: 医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(米国)


なお、MONET社とProtegrity社は、日本テラデータ社が主催する国内最大級のデータウェアハウス・コンファレンスである「Teradata Universe Tokyo 2010」(3月5日、ANAインターコンチネンタルホテル東京にて開催、参加無料)に協賛共同出展し、Protegrity DPSの紹介を行います。

◆ 「Teradata Universe Tokyo 2010」の詳細
リンク


■Protegrity DPSの特徴
● データベース暗号化
- カラム単位での暗号化
- ユーザ(グループ)単位での閲覧、更新、削除の保護機能
- マルチデータベース対応
● 管理機能
- 統合管理システム(Security Manager)による暗号鍵・セキュリティポリシの一元管理
- PCI DSS基準を満たすキーローテーションが可能
- 監査ログ機能
● その他
- 既存のデータベースへ、設計変更無しでの導入が可能
- VPDisk(サーバ用暗号化ソフト)との連携


■日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社は、テラデータ・コーポレーションの日本法人です。データベース・ソフトウェアおよび関連製品を中心に、ハードウェア・プラットフォーム、データウェアハウスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。


■Protegrity社について
1996年 米国スタンフォードにて設立され、主にデータ保護製品の開発を中心に活動しております。Protegrity DPSおよびその姉妹品を連携させたセキュリティ・ソリューション「Protegrity Security Suite」を国際的に展開しています。


■MONET社について
(株)MONETは、セキュリティおよびネットワークのソリューション・プロバイダーとして2002年12月に設立されました。海外の優秀なベンダーとのパートナーシップを中心に、セキュリティ関連のソフトウェアの販売、コンサルティング事業を推進しています。Protegrity DPS以外の取扱製品として、サーバ暗号化ソフトウェアVPDisk、API提供の暗号化ソリューションApplication Protector(米国Protegrity社)、データ差分抽出ソフトウェアRTPatchおよびRTPatch POWER+(米国PocketSoft社)、統合型ログ監視・分析ソフトウェアHUNTSMAN(豪州Tier-3社)があります。


お問合せ先
株式会社MONET
ソリューション事業部 営業部
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-7-5 石川興産ビル4F
TEL:03-5256-5171 FAX:03-5256-5172
Email:sales@monetz.com
H P:www.monetz.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。