logo

【レポート販売】「10 電気自動車新ビジネスの将来展望」

~EV充電システム・自動車用二次電池の将来性~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、情報通信関連機器・電子部品及び材料・エネルギー・環境についての調査業務を行う株式会社日本エコノミックセンター(代表取締役 石澤 宜之 東京都中央区)が発行する調査資料「10 電気自動車新ビジネスの将来展望」の販売を開始しました。

報報道関係者各位

平成22年3月2日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「10 電気自動車新ビジネスの将来展望」を販売開始

  ~EV充電システム・自動車用二次電池の将来性~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、情報通信関連機器・電子部品及び材料・エネルギー・環境についての調査業務を行う株式会社日本エコノミックセンター(代表取締役 石澤 宜之 東京都中央区)が発行する調査資料「10 電気自動車新ビジネスの将来展望」の販売を開始しました。

詳細ページ:リンク


■■ 資料概要 ■■

電気自動車は、三菱自動車の「i-MiEV」、富士重工業の「ステラ」が2009年に法人・地方公共団体向けに販売を開始している。10年には一般向けにも販売され、日産自動車も電気自動車「リーフ」が市場投入されることで、EV市場は盛り上がってくる。
 09年から施行された環境対応車への補助金やエコカー減税などにより、国内新車販売は増加傾向にある。トヨタ自動車「プリウス」、本田技研工業「インサイト」などのハイブリッドカー(HV)の販売も引き続き好調を維持すると見られる。トヨタ自動車は09年末にプラグインハイブリッド車(PHV)を法人向けにリース販売を開始している。
 EVやPHVが普及することによって、以前のガソリンスタンドから給電・充電器、駐車場に充電システムなど新たな市場・サービスが誕生してくる。また、既存のサービスであるカーシェアリング、カーリース・レンタルなどは事業の見直しを行っている。


■■ 資料目次 ■■

序 章 スマートグリッドと電気自動車


第I章 電気自動車の導入効果と普及

1.電気自動車の種類と歴史
(1)電気自動車の定義と種類
(2)電気自動車の歴史と現状
(3)電気自動車の特徴と課題
〔1〕電気自動車等保有台数統計(NGVPC)
〔2〕電気自動車等生産台数統計(NGVPC)
〔3〕電気自動車等販売台数統計(NGVPC)
(4)ハイブリッド自動車の種類と特徴
(5)燃料電池自動車の現状と課題
2.電気自動車の導入効果と事例
(1)電気自動車と地球温暖化
(2)国内の電気自動車導入事例
(3)海外の電気自動車導入事例
〔1〕国内の用途部門別CO2排出量推移
〔2〕国内のエネルギー総供給構成推移
3.電気自動車等導入補助金制度・補助事業
(1)環境対応車普及促進対策費補助金
(2)クリーンエネルギー車導入補助事業

第II章 電気自動車新ビジネスの動向と展望

1.EV用充電システム市場の概要と動向
(1)EV用充電システム市場規模予測
(2)EV用急速充電システム市場予測/シェア
(3)EV用中速充電システム市場規模予測
(4)EV用一般充電システム市場規模予測
2.EV用充電システム国内需要予測
(1)EV用充電システム国内需要概要と予測
〔1〕ガソリンスタンド(セルフ)/〔2〕サービスエリア・パーキングエリア/〔3〕時間貸し駐車場(駐車場)/〔4〕コンビニチェーン/〔5〕ショッピングセンター)
3.EV用充電システム関連メーカー・企業の動向
((株)IHI/(株)アルバック/(株)NTTデータ/九州電力(株)((株)キューキ)/昭和シェル石油(株)/新日軽(株)/新日本石油(株)/テンパール工業(株)/(株)高岳製作所/(株)高砂製作所/(株)豊田自動織機/日本ユニシス(株)/(株)ハセテック/パナソニック電工(株)/三菱自動車工業(株)/三菱重工パーキング(株))
4.EVカーシェアリング市場の動向と展望
(1)カーシェアリング事業の概要と動向
(2)EVカーシェアリング関連企業等の動向
(3)EVレンタカー市場の動向と展望(オリックス自動車(株)/(株)シェアーズ/新日本石油(株))
〔1〕国内カーシェアリング市場規模予測
〔2〕EVカーシェアリング市場規模予測
〔3〕EVレンタカー市場規模予測
5. 地方公共団体・研究機関等の動向
(大阪EVアクションプログラム/京都電気自動車プロジェクト/EVサポートクラブ/次世代EV研究会/E-KIZUNAプロジェクト/東京都EV・pHV普及促進プロジェクト)
6.電気自動車新ビジネス関連業界等の動向
(日本フランチャイズチェーン協会/(株)セブンイレブン・ジャパン/株ファミリーマート/全国旅館生活衛生同業組合連合会)
7.電気自動車新ビジネス関連資料
(1)EV用急速・中速充電・充電スタンド仕様
(2)EV用充電システム・設備一覧表

第III章 電気自動車関連市場の動向と展望

1.電気自動車国内市場の動向と展望
(1)電気自動車国内市場概況と動向
〔1〕電気自動車国内市場規模予測/シェア
〔2〕プラグインハイブリッド車市場規模予測
〔3〕ハイブリッド車国内市場規模予測
〔4〕燃料電池車国内市場規模予測
〔5〕環境対応車別国内市場規模予測
2. 電気自動車世界市場の動向と展望
(1)電気自動車世界市場概況と動向
〔1〕電気自動車世界市場規模予測/シェア
〔2〕電気自動車地域別市場規模予測
〔3〕プラグインハイブリッド車世界市場規模予測
〔4〕ハイブリッド車世界市場規模予測
〔5〕燃料電池車(FCV)世界市場規模予測
〔6〕環境対応車別世界市場規模予測
3.自動車国内外市場の動向と展望
(1)国内自動車市場概況と動向
〔1〕国内自動車市場規模予測/シェア
〔2〕国内環境対応車構成比率推移予測
(2)世界自動車市場概況と動向
〔1〕世界自動車市場規模予測/シェア
〔2〕世界環境対応車構成比率推移予測
4.電気自動車関連自動車メーカーの動向と戦略
(1)スズキ 株式会社(SUZUKI)
(2)ダイハツ 株式会社(DAIHATSU)
(3)トヨタ自動車 株式会社(TOYOTA)
(4)日産自動車 株式会社(NISSAN)
(5)日野自動車 株式会社(HINO)
(6)富士重工業 株式会社(SUBARU)
(7)本田技研工業 株式会社(HONDA)
(8)マツダ 株式会社(MAZDA)
(9)三菱自動車工業 株式会社(MITSUBISHI)
(10)三菱ふそうトラック・バス 株式会社
【参考】(株)シムドライブの事業概要と戦略
5.電気自動車関連海外メーカーの動向と展望
(アウディ/現代・起亜自動車/CT&T/GM/ダイムラー/BMW/BYD/VW/ルノー)
【参考】国内外電気自動車(EV・PHV)一覧

第IV章 電気自動車構成デバイス市場の動向と展望

1.電気自動車用二次電池の動向と展望
(1)自動車用リチウム二次電池の技術概要
(2)リチウム二次電池と自動車メーカーの提携関係
・EV用リチウム二次電池世界市場予測/シェア
(3)次世代二次電池の開発概要と動向
2.電気自動車用二次電池メーカーの動向
(1)電気自動車用二次電池国内メーカーの動向
(IHI(株)/オートモーティブエナジーサプライ(株)/三洋電機(株)/パナソニック(株)エナジー社/パナソニックEVエナジー(株)/(株)リチウムエナジージャパン)
(2)電気自動車用二次電池海外メーカーの動向
(LG化学/コスライトグループ/サムスンSDI/B&Kリチウムイオンバッテリー/BAKバッテリー/BYD/リーシェン・バッテリー)
3.電気自動車用二次電池材料メーカーの動向
(1)リチウム二次電池関連材料の技術概要
・リチウム二次電池構成材料世界市場規模予測
(2)リチウム二次電池正極材メーカーの動向
(住友大阪セメント(株)/住友金属鉱山(株)/(株)田中化学研究所/戸田工業(株)/日鉱金属(株)/三菱化学(株))
・リチウム二次電池正極材世界市場規模予測
(3)リチウム二次電池負極材メーカーの動向
((株)クレハ/昭和電工(株)/新日本石油(株)/日立化成工業(株))
・リチウム二次電池負極材世界市場規模予測
(4)リチウム二次電池電解液メーカーの動向
(出光興産(株)/関東電化工業(株)/ステラケミファ(株)/セントラル硝子(株)/三菱化学(株)/森田化学工業(株))
・リチウム二次電池電解液世界市場規模予測
(5)リチウム二次電池セパレータメーカーの動向
(旭化成イーマテリアルズ(株)/住友化学(株)/帝人(株)/東レ(株))
・リチウム二次電池セパレータ世界市場規模予測
4.電気自動車用キャパシタメーカーの動向
(1)電気二重層キャパシタ(EDLC)技術概要
(2)リチウムイオンキャパシタ(LiC)技術概要
・電気二重層キャパシタ構成材料市場規模予測
(3)電気自動車用キャパシタメーカーの動向
(アドバンス・キャパシタ・テクノロジーズ(株)/(株)指月電機製作所/ニチコン(株)/日清紡HD(株)/日本ケミコン(株)/(株)パワーシステム/(株)明電舎/ルビコン(株))
5.電気自動車用キャパシタ材料メーカーの動向
(1)EDLC用電極材メーカーの動向
(エア・ウォーター(株)/クラレケミカル(株)/昭和電工(株)/日本バルカー工業(株))
(2)EDLC用電解液メーカーの動向
(広栄化学工業(株)/三洋化成工業(株)/東洋合成工業(株)/日本カーリット(株))
(3)EDLC用セパレータメーカーの動向
(ジャパンゴアテックス(株)/ニッポン高度紙工業(株))
6.電気自動車用モータの動向と展望
(1)自動車用モータの技術概要と動向
(2)モータの技術概要と動向
(3)直流・交流モータの技術概要と動向
(4)電気自動車用モータの技術概要と動向
・電気自動車用モータ市場規模予測/シェア
7.電気自動車用インバータの動向と展望
(1)インバータの技術概要と動向
(2)コンバータの技術概要と動向
(3)電気自動車用インバータの技術概要と動向
・電気自動車用インバータ市場規模予測/シェア
8.構成デバイス関連メーカー動向一覧
・電気自動車構成デバイス市場規模予測

第V章 電気自動車搭載機器市場の動向と展望

1.トランスミッションの技術概要と動向
2.ブレーキシステムの技術概要と動向
(1)ブレーキシステムの技術概要と動向
(2)回生ブレーキシステムの技術と動向
3.カーナビ・PND市場の動向と展望
(1)カーナビ・PND市場概況と動向
〔1〕据置型カーナビ国内市場規模予測/シェア
〔2〕据置型カーナビ世界市場規模予測/シェア
〔3〕PND・携帯型カーナビ国内市場規模予測/シェア
〔4〕PND・携帯型カーナビ世界市場規模予測/シェア
4.車載関連機器市場の動向と展望
(1)車載関連機器市場概況と動向
〔1〕ETC車載器国内市場規模予測/シェア
〔2〕ドライブレコーダ国内市場規模予測/シェア
5.車載関連システムの技術動向
(1)ITS無線システムの概要と動向
(2)ITS無線関連メーカーの動向と展望
(3)DSRC(スポット通信)サービスの概要と動向
・ITS無線システム市場規模予測(~2040年)
6.カ-ナビ/PNDメーカーの動向と展望
(アイシン・エイ・ダブリュ(株)/アルパイン(株)/クラリオン(株)/(株)ケンウッド/三洋電機(株)/ソニー(株)/(株)デンソー/パイオニア(株)/富士通テン(株)/パナソニック(株)/三菱電機(株))


■■ 概要 ■■

商 品 名:10 電気自動車新ビジネスの将来展望
発 刊 日:2010年2月26日
発   行:株式会社日本エコノミックセンター
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:B5判 200頁
価   格:
■書籍 69,500円(本体価格66,190円+消費税3,310円)
■CD  69,500円(本体価格66,190円+消費税3,310円)
■ハイブリッドCD 99,500円(本体価格94,762円+消費税4,738円)
■書籍+CD-ROMセット版 99,500円(本体価格94,762円+消費税4,738円)
■書籍+CD-ROMセット版*Windows対応 99,500円(本体価格94,762円+消費税4,738円)
■書籍+ハイブリッドCD(PDF+Excel)セット版 129,500円(本体価格123,333円+消費税6,167円)
*各別途税込送料500円

詳細ページ:リンク

【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ 株式会社クロス・マーケティングについて ■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を、主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■ 株式会社クロス・マーケティング 会社概要 ■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号 銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
担当部署:ライブラリビジネスグループ
       NS-Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319 
Fax:03-3549-0221 
Mail:ns-info@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。