logo

WiMAXチップセット市場の50%を占めるモデムとゲートウエイ

米国の市場調査会社インスタット社は出版レポート「WiMAX向けチップセット市場調査:WiMAX市場概況、ベンダ情報、市場データ - WiMAX Chipsets: “e” Is the New Black」のプレスリリースにおいて、WiMAXチップセット市場は2013年の出荷数の約50%をWiMAXモデムとゲートウエイが占めるだろうとの予測結果を発表しました。

WiMAXチップセット市場は、2013年の出荷数の約50%をWiMAXモデムとゲートウエイが占めるだろうと米国調査会社インスタット社は報告している。WiMAXチップセットのその他の主要な機器は、外部モジュール、モバイルPC、基地局、端末、ポータブルデバイスなどである。インスタット社は、WiMAXチップセット市場の収益は、全体で2013年に3億5200万ドルに達するだろうと予測している。

「WiMAXは、LTEがスタートするまでの間を埋めるための単なるニッチ技術ではなく、ラストマイルの無線ブロードバンド接続や本当のモバイルインターネットソリューションを提供する補完的なソリューションである。WiMAXチップセット技術は既にマルチチップを超えてベースバンドプロセッサチップをRFラジオと統合するシングルチップソリューションに移行している。この成長分野をリードする半導体製造業者も、少数ながら既に現れている」とインスタット社のアナリストJim McGregor氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。

●WiMAXチップセットベンダのBeceem、GCT、 Intel、Sequansは、市場をリードし始めている
●WiMAXとLTEにはそれぞれ利点と欠点があるが、インスタット社はこれらの技術は将来的には共存すると考えている
●WiMAXには、政府の刺激策とローカルのブロードバンドイニシアチブという利点がある。WiMAXの方がやや普及が進んでいるので、すぐに着工できるようなプロジェクト(shovel ready)には採用されやすい

インスタット社の調査レポート「WiMAX向けチップセット市場調査:WiMAX市場概況、ベンダ情報、市場データ ー WiMAX Chipsets: "e" Is the New Black」は、WiMAXチップセットの世界市場を調査している。WiMAX技術とアプリケーションの現状を、競合技術と比較しながら分析し、地域毎のビジネスチャンス、WiMAXチップセットの出荷数、収益、販売価格の2013年までの予測、主要なWiMAXチップセットベンダ(Beceem Communications、GCT Semiconductor、Intel、Sequans Communications)のプロフィールなどを記載している。

【調査レポート】
WiMAX向けチップセット市場調査:WiMAX市場概況、ベンダ情報、市場データ
WiMAX Chipsets: “e” Is the New Black
リンク

◆米国市場調査会社 インスタット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]