logo

電子マネー付きICカードを利用した医療学会向け来場社管理システムを提供開始

イー・キャッシュ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:玉木 栄三郎)は、イベント会場でのICカードによる自動受付や電子マネーを利用した決済機能、会員管理機能(CRM機能)などを実装した来場者管理システムを開発し、医療学会向けにカスタマイズしたASPサービスとしてリリースいたしました。

また、本ASPサービスは、東京国際フォーラムで平成22年4月23日(金)から平成22年4月25日(日)まで開催される第62回日本産科婦人科学会学術講演会(学術集会長 稲葉憲之先生 獨協医科大学 産婦人科教授)の来場管理システムと参加費用を徴収する決済システムとして採用されることが決まりました。

本サービスの主な特徴は以下の通りです。

■本サービスの特徴
●ASPサービスによる低コスト導入を実現
●インターネットを利用した会員登録、事前参加登録、参加履歴などの閲覧が可能
●ICカードを利用することで来場処理を迅速かつ簡単に実現
●電子マネーによる決済機能を実装
 
■ASPサービスによる低コスト導入を実現
一般的な来場管理システムに必要となる、会員管理用のサーバシステム、来場記録および決済用のクライアント端末(パソコン)やICカード読み取り機などは、全てレンタルおよびASPシステムとして低コストで提供します。
また、ICカード発行に必要な機材(印刷機・印刷消耗品・来場チケット発行機)も、全てイー・キャッシュが準備するため、一時的に実施するイベントなどでも余計な資産を保有することなく利用が可能です。

■インターネットを利用した会員登録、事前参加登録、参加履歴などの閲覧が可能本システムは、インターネットを利用したWEBサービスアプリケーションになるため、利用する環境・パソコンを問わず、イベントに参加する方の会員登録やイベントの参加登録(参加予約)、参加後の履歴閲覧、参加証明書の発行(印刷)などを行うことが可能です。
また、本機能をカスタマイズすることで、美容院やクリニックなどの来院・予約受付システム、顧客管理システムとしての利用も可能です。

■ICカードを利用することで来場処理を迅速かつ簡単に実現
来場(セミナーの場合は入退場処理)を記録する方法として、非接触ICカード(FeliCaカード)の技術を採用しているため、専用の会員用ICカードを専用の読み取り機にかざすだけで、来場記録を行うことが可能です。これにより、簡単に「いつ、だれが、どのイベントに、どれだけの時間参加したか」を把握できます。

■電子マネーによる決済機能を実装
弊社で提供する会員用ICカードは、単なる来場受付機能だけでなく、電子マネー機能を実装しているため、来場記録と同時に電子マネーによる参加費用の徴収を行うことも可能です。そのため、本システムを利用することで、イベント会場でのお金の管理が一切不要になり、参加費用をやり取りするための事務要員の確保、貸金庫、売上金回収に関する業務委託費用などの削減が期待できます。
弊社では、以前よりクレジットカード決済サービスを提供・運用してきた実績がありますので、決済事業者様とのやりとりや売上金の管理など、安心してお任せいただけます。

なお、イー・キャッシュ株式会社では、今後、電子マネー以外の決済方法として、クレジットカード決済への対応を想定しており、サービスの展開先に関しても医療学会様だけでなく、顧客管理機能・予約管理機能を一部カスタマイズすることで、その他の学会様やクリニックなどへの導入を計画しております。

※「FeliCa」は、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。
※「FeliCa」は、ソニー株式会社の登録商標です

【本件に関するお問い合わせ先】
イー・キャッシュ株式会社 経営企画室 小関
TEL: 03-6402-5684  E-mail: info@ecash.co.jp


《関連URL》
リンク
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。