logo

再利用可能な電子チケットのアプリケーションを拡大する非接触メモリIC(RFID)を発表

STマイクロエレクトロニクス 2009年11月24日 09時24分
From PR TIMES

非接触カードの業界規格に準拠する新しいICは、
4倍に増加したユーザ・データ記憶容量により
運輸、イベント、その他サービスに対してより柔軟性のあるアクセスを実現



より柔軟性のある電子チケットを実現し、消費者の利便性と事業者の効率を
向上させるRFID技術の開発をリードするSTマイクロエレクトロニクス
(NYSE:STM、以下ST)は、新しい2Kbit RFIDチップ SRi2Kを発表しました。
同製品により、複数のサービスへのアクセスを管理する非接触チケットが可能に
なります。

STのRFID & EEPROM事業部 ジェネラル・マネージャであるBenoit Rodriguesは、
次の様にコメントしています。「スマート・チケットは、さまざまな種類の
サービスにおいて事業者と消費者に大きな価値を提供します。SRi2Kは、
非接触カードICにとって大きな前進であり、革新的で想像力に溢れた次世代
サービスの基礎を構築します。これによりSTのISO14443に準拠する製品は、
512bit / 2Kbit / 4Kbitのメモリ容量を揃え、顧客にメリットをもたらします。」

SRi2Kは、書換え可能なメモリの世界的なサプライヤでもあるST のEEPROMと
RFID回路を複合化して活用します。このデータ容量の拡大によって、
電子チケットはさらに高性能で柔軟性のあるものになり、ライフ・スタイルの
変化に対応すると共に、運輸等のサービスを一層効率化することが可能になりま
す。SRi2Kにより、1枚の電子チケットで、例えばバス / 電車 / トラム /
タクシー / レンタル自転車等の交通機関にシームレスにアクセスすることがで
きます。SRi2Kは、その柔軟性と強化された機能により、アクセス管理、
イベント発券、自動販売機、テーマパークにおけるアプリケーションにも適して
います。

SRi2Kは、世界中で非接触チケット・アプリケーションに使用され実績のある
SRi512およびSRT512 と比較して4倍のデータ記憶容量を備えています。最近
発表された最大規模の採用事例は、韓国のソウル地下鉄における片道乗車券
発券システムです。

その拡大したメモリで非接触アクセスを実現するSRi2Kは、標準的な13.56MHzの
搬送周波数で動作し、ISO14443-2/3のインタフェースとデータ・フォーマットの
国際規格に準拠したRFID回路を集積しています。また、64bitの個別 IDに加えて、
ロック可能なメモリ・ブロックを使用することで、セキュリティの枠組みの構築
も可能です。

さらに、チップIDに基づくアンチ・コリジョン機構(8bit)により、多数の
非接触チケットを衝突なしに共存させることができます。このチップの高速
メモリ・アクセス・タイムと106Kbit/sのデータ転送速度によって、チケットと
読み取り機の間で迅速な通信が可能になり、各処理が高速化されます。SRi2Kは、
最適な信頼性を確保するため、比類ないデュアル・デクリメント・カウンタ
(32bit)を搭載しており、チケットへの料金書き込み中に停電が生じた場合の
「チケット・ティアリング」と呼ばれるデータ・ロスを防止します。

SRi2Kは、100万回の消去・再書き込みサイクルならびに40年間のデータ保持を
保証します。2009年11月に量産開始の予定で、スマート・チケットへの直接
組込み用のベア・ダイ、もしくはウェハ形状のまま供給されます。単価は、
10万個以上購入時に約0.15ドルです。

また、本プレスリリースは以下のURLでもご覧いただけます。
リンク

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な
半導体ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、
高度な技術力と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)
ポートフォリオ、戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することに
より、マルチメディア・コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて
他社の追随を許さないリーダーとなることを目指しています。
2008年の売上は98.4億ドルでした。
さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人:リンク
STグループ(英語):リンク

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
MMSグループ
TEL: 03-5783-8240 FAX: 03-5783-8216

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事