logo

小説でオリエンテーリング! GPS連動小説「各駅小説の旅」(内藤みか著)iPhoneアプリリリース!

株式会社ダイレクトメッセージ 2009年11月16日 10時00分
From ValuePress!

株式会社ダイレクトメッセージ(東京千代田区神田佐久間町)は 11月11日に小説でオリエンテーリングができるGPS連動小説「各駅小説の旅」~山手線の女編~(350円)を AppStoreにてiPhone専用Appli にてリリースした。

このアプリは従来の電子書籍と異なり、iPhoneのGPS機能を利用して実際に山手線の駅へ行きGPSを作動させるとその駅のストーリーが読める仕掛け。小説はケータイ小説の女王と言われた内藤みかが29駅のショートストーリーをTwitter小説(twnovel)の形式で書いたもの。
Twitter小説とは、近ごろ流行のサイトTwitterで140字以内に書く超短編小説であり、内藤みかの呼びかけで始まった #twnovelという試みは、スタート3ヶ月で投稿者1000人、総投稿10000件を突破。11月5日には「Twitter小説集 140字の物語」としてディスカヴァー・トゥエンティワンより書籍化されたばかり。1話に1作、漫画家・仔鹿リナのカットつき。


この小説について内藤氏は、
「電車での移動の際に、モバイルで小説を楽しむ人が増えています。GPSと連動することで、電車内の読書をより楽しめるのではないでしょうか。駅につくたびにその駅らしさのあるプチ小説が読めるので、臨場感も強く、車内に本当にその主人公が乗り合わせているかもしれないと想像できる点を新しいと感じています。いつか江の電のGPS小説も書いてみたいですね」
とコメント。


このアプリには、それぞれの駅にちなんだストーリーを実際の駅で楽しんでもらうことで、フィクションをより効果的に体感してもらおうという開発者の意図がこめられている。

オリエンテーリングのように山手線巡りを楽しめ、29駅のストーリーをコンプリートすることで30個目のスペシャルコンテンツが読める仕掛け。山手線命名100周年の今年、休日や通勤途中での車内利用を狙う。

今後、株式会社ダイレクトメッセージでは、この新しいGPS小説をさらに色々な分野にひろげてリリースすることを計画、第2弾として12月に、作家吉井春樹による「各駅小説の旅」~山手線の男編~」もリリース予定。

電車のみでなく、パス路線、史跡名所ガイドなどにもGPSと連動させることも可能。地域活性化活動への導入にも前向きだ。


GPS連動小説「各駅小説の旅」~山手線の女編~

iTunesAppサイト
リンク

内藤みかのTwitter
リンク

【本件に関するお問い合わせ】
 ■会社名 株式会社ダイレクトメッセージ
 ■担当者 海野 厚
 ■TEL   03-3255-7015
 ■URL   リンク
 ■Email umino@directmessage.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事