logo

日本アバイア、業界初、仮想化技術を採用したIPテレフォニー・ソリューションを発表

中堅企業のコミュニケーション・コストを削減

日本アバイア株式会社(東京都港区、取締役社長:ジョン・ディルーロ)は本日、
IPテレフォニーおよびCTIのプラットフォーム製品群を単一サーバ上で稼動させる
中堅企業向けソリューション「Avaya Aura(TM) for Midsize Enterprises」を発表し
ました。同ソリューションは、仮想化技術をリアルタイムのコミュニケーション・シ
ステムに業界で初めて採用したプラットフォーム「Avaya Aura(TM) System
Platform」上で動作します。複数のアプリケーションを一台のサーバ上で稼動さ
せることによって、サーバ台数と運用コストを削減します。

「Avaya Aura(TM) for Midsize Enterprises」は、本年3月に米国で発表した、企業
のコミュニケーション・インフラの基盤となる新アーキテクチャ 「Avaya
Aura(TM)」に基づくソリューションです。近年、生産性向上や事業継続のために
ユニファイド・コミュニケーションを導入する企業が増えていますが、中堅企業に
おいては複数のシステム導入や運用に際してのコスト負担、専門知識を有する
スタッフの不足から導入が困難となっていました。
「Avaya Aura(TM) for Midsize Enterprises」は、これらの課題に対し、中堅企業が
IPテレフォニーを容易に導入、管理、メンテナンスする機能を提供します。複数の
サーバでアプリケーションを提供する際と同様の機能に加えて、「Avaya Aura(TM)
System Platform」上の管理やメンテナンス等のサービスアプリケーション、さらに
DHCPサーバやHTTPサーバなどの機能も提供します。

アバイアは今後、既存のアプリケーションを順次「Avaya Aura(TM) System
Platform」上で動作するよう開発し、複数アプリケーションを組み合わせ、単一サ
ーバソリューションとして提供します。これにより、企業はコストを抑えながらニー
ズに合ったアプリケーションを容易に導入することが可能になります。

<価格と出荷時期>
提供開始日:2009年11月24日
価格(グローバルの定価): ユーザーライセンス 1ユーザUS205ドルから。
専用サーバUS8500ドル。

<「Avaya Aura(TM) System Platform」の主な特長>
■仮想化技術をリアルタイムのコミュニケーション・システムに業界で初めて採用
 したプラットフォーム
■下記の管理やメンテナンス等のサービスアプリケーションを提供
 ・シングルステップ・インストール
 ・セキュアなリモートサービス
 ・アップデート&バックアップ
 ・冗長構成サポート

<「Avaya Aura(TM) for Midsize Enterprises」の主な特長>
■最大2,400ユーザ、250拠点までサポート
■含まれるアプリケーション
1) Avaya Aura(TM)製品群
 ・Avaya Aura(TM) Communication Manager (音声/ビデオ)
 ・Avaya Aura(TM) Communication Manager Messaging (ボイスメール)
 ・Avaya Aura(TM) Application Enablement Services (CTI)
 ・Avaya Aura(TM) SIP Enablement Services (SIPサポート)
2) Utilitiy Services
 ・MyPhone:ユーザ自身が電話設定を変更できるWebベースの管理ツール
 ・DHCPサーバ:冗長構成もサポート
 ・HTTP/HTTPSサーバ:パラメータやプログラム・ダウンロード用
3) Avaya Aura(TM) Media Services:ソフトウェアベースのIP Media Gateway
 ・SIPキャリアサービスに接続し、通信費用を削減

<Avaya Aura(TM) について
Avaya Aura(TM)は、企業のユニファイド・コミュニケーションおよびコンタクトセン
ター・インフラの基盤となる新アーキテクチャ(製品群)です。ネットワーク・イン
フラストラクチャのコストを削減しながら高度なコミュニケーション・アプリケー
ションの迅速な導入を実現します。Avaya Aura(TM)に基づく第一弾のソリューシ
ョンとして、本年5月に大企業向けに企業内のマルチベンダー環境のネットワー
クを統合するためのSIP、Enterprise IMSをベースにしたプラットフォームを提供
開始しました。今回の発表は、Avaya Aura(TM)を中堅企業向けに展開するもの
です。

<アバイア(Avaya Inc.)について>
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ)は企業
向けコミュニケーション・システムのグローバル・リーダーです。アバイアは、ユニ
ファイドコミュニケーション・ソリューション、コンタクトセンター向けソリュー
ションお
よび関連サービスを直接、またはチャネルパートナーを通じて世界中の企業に提
供します。企業の業務効率、コラボレーション、顧客サービスおよび競争力を向上
するアバイアの最先端のコミュニケーションテクノロジーは、あらゆる規模の企業
に利用されています。
詳細は、アバイアのWebサイトリンク をご覧ください。
日本アバイアについては、リンク をご覧ください。

※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。Avaya AuraはAvaya
Inc.の商標です。その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社
電話: 03-5575-8850 e-mail: jpmarketing@avaya.com

<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社 マーケティング部 広報担当 坂田 
電話: 03-5575-8829 e-mail: sakata@avaya.com
または
(広報代行)株式会社プラップジャパン 落合 
電話: 03-4570-3191

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事