logo

拡張現実技術市場(AR)

世界認識に情報を加える技術

ビデオストリームやヘッドアップディスプレイに画像をオーバーレイする拡張現実技術(AR)は、産業オートメーションやテーマパーク、スポーツテレビ、軍事展示会(military displays)、オンラインマーケティングなどの様々な市場での特殊な用途で、15年前には既に利用されていた。近年、携帯電話で利用できるビデオカメラやプロセッサ、GPSデータ、コンパス、加速度センサといった、全く新しいマス市場が始まりつつある。
この調査レポートは、この新しい携帯型のプラットフォームが拡張現実技術のエコシステムを変容させ、2014年には拡張現実関連の収益が増加するだろうと予測している。2013-2014年には、モバイル広告の収益は減速し始めるだろうが、広告主がナビゲーション情報の表示にタグをおくことで、収益成長の大きな部分を占めるだろう。


【調査レポート】
拡張現実技術市場(AR):世界認識に情報を加える技術
Augmented Reality:Adding Information to Our View of the World
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事