logo

ニュースレター:日本アバイアのコンタクトセンター・ソリューション、通信販売の2008年度総合売上高ランキングトップ10社のうち9社のコンタクトセンターで採用される

~マルチチャネル対応と自動化がサービスレベル向上と売上拡大の鍵に~

日本アバイアのコンタクトセンター・ソリューションは、通信販売の2008年度
総合売上高ランキング(日経MJ 調べ 2009年10月21日発表「eショップ・通信
販売調査」)のトップ10社のうち9社のコンタクトセンターで採用されています。

<2008年度通販売上高ランキング>
         順位 会社名
    1     千趣会
    2  ジャパネットたかた
    3  ニッセン
    4  ジュピターショップチャンネル
    5  ベルーナ
    6  セシール
    7  ディノス
    8  ファンケル
    9  フェリシモ
    10 スクロール 

これらの主要なカタログ、TV、インターネット通販企業に共通して利用されているの
は、信頼性・拡張性が高く、複数拠点のリソースを柔軟に活用可能にする音声プラ
ットフォームです。また、センターの稼動状況をリアルタイムに把握するレポート機
能や呼を最適なオペレーターにつなぐコール・ルーティング機能、オペレーターの
業務効率を向上するCTIアプリケーションも多くの企業で採用されています。

同ランキング上位の通販会社は、その販路がカタログ、テレビ、オンラインと複数に
わたる上、受注および問い合わせ方法も電話、はがき、オンライン、電子メールと
多岐にわたります。このため、顧客からの「テレビを見て電話で注文」「カタログを
見てネットで注文」「ネットで注文した商品の納期を電話で尋ねる」といった、チャ
ネルをまたいだ問い合わせは日常的に起こっています。

これからの通販会社の顧客対応には、こうした複数のチャネルからの問い合わせを
統合的に管理することが求められます。また、オペレーターではなくても対応可能な
ことは自動化し、オペレーターは人が対応しなくてはならない業務に集中すること
で、サービスレベルの向上と売上拡大が可能になります。

日本アバイアは、マルチチャネルソフトウェアアプリケーションや、対応を自動化す
るIVR(自動音声応答)等の最新のテクノロジーを提供することで、通販企業の業務
効率と顧客満足の向上を引き続き支援してまいります。

<アバイア(Avaya Inc.)について>
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ)は企業
向けコミュニケーション・システムのグローバル・リーダーです。アバイアは、ユニ
ファイドコミュニケーション・ソリューション、コンタクトセンター向けソリュー
ションおよび関連サービスを直接、またはチャネルパートナーを通じて世界中の
企業に提供します。企業の業務効率、コラボレーション、顧客サービスおよび競争
力を向上するアバイアの最先端のコミュニケーションテクノロジーは、あらゆる規模
の企業に利用されています。
詳細は、アバイアのWebサイトリンク をご覧ください。
日本アバイアについては、リンク をご覧ください。 

※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。その他すべての商標は
 個々の商標権者に帰属します。

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社
電話: 03-5575-8850 e-mail: jpmarketing@avaya.com

<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社 マーケティング部 広報担当 坂田 
電話: 03-5575-8829 e-mail: sakata@avaya.com
または
(広報代行)株式会社プラップジャパン 落合 
電話: 03-4570-3191

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。