logo

日本ネクサウェブ株式会社 代表取締役社長に 矢形 勝志が就任

Java RIA 世界稼働サーバ数、 No.1: 基幹システム対応、次世代RIAアプリケーションのWeb開発・運用基盤 「Nexaweb」

 日本ネクサウェブ株式会社(本社:東京都中央区、以下「日本ネクサウェブ」)は、2009年10月1日付けで代表取締役社長に矢形 勝志(やがた かつし)が就任することを承認しました。

 日本ネクサウェブ株式会社(本社:東京都中央区、以下「日本ネクサウェブ」)は、2009年10月1日付けで代表取締役社長に矢形 勝志(やがた かつし)が就任することを承認しました。


 矢形は、防衛大学校卒業後、1988年株式会社アシスト入社。海外製パッケージ・ソフトウェアの日本国内での立ち上げ、拡販に従事し、開発・運用系ツール、データベース、BIなど各種分野でのビジネス拡大に大きく貢献してきました。その後、日本ビジネスオブジェクツ株式会社(現SAPジャパン)、株式会社アプレッソ、レクシスネクシス・ジャパン株式会社など、外資系企業、日系企業の双方において、全営業部門を統括する営業本部長として、数々の実績を重ねてまいりました。


 今後はソフトウェア業界での豊富な経験とネットワークを活かし、次世代のRIA (リッチインターネットアプリケーション)のパイオニアであるNexaweb(ネクサウェブ)の日本におけるビジネス戦略策定と実践を指揮します。日本ネクサウェブは、新社長 矢形の強力なリーダーシップの下、お客様のニーズに応えるソフトウェア製品開発と高品質維持、質の高いサービスソリューションの提供に努め、パートナーシップの強化、カスタマーリレーション重視による顧客の信頼性向上など、顧客に耳を傾ける企業として、さらなる発展を目指します。


 今回の就任にあたり、米ネクサウェブ社CEOのクリス・ハイデルベルガーは次のように語っています。「グローバルに見ても、ソフトウェアを含めたITサービスは大きな変革を迎える中、フロントエンドを担うRIA (リッチインターネットアプリケーション)やそれを包含したアプリケーション・モダナイゼーション(近代化)市場の重要性は増しています。我々は既に日本市場において大きな成功をあげていますが、今回の矢形の参画により、日本国内のビジネスパートナーとの信頼関係の強化とNexaweb(ネクサウェブ)ビジネスの成長がさらに加速するものと確信しています。」


■Nexaweb(ネクサウェブ)とは
 日本ネクサウェブ株式会社は、米国マサチューセッツ州バーリトンに拠点を持つネクサウェブ社の100%子会社として2005年7月に設立され、日本国内 の『Nexaweb(ネクサウェブ)』のライセンス販売、コンサルティング、マイグレーション支援、技術サポート、教育や関連パッケージの企画・コンサル テーションなどに携わっています。国内では既に、三菱東京UFJ銀行や大和証券、アフラック、中部電力など始め、銀行・証 券・保険・通信・公共業界の大手企業を中心に120社を超える企業に導入されています。
 安定性を重要視する基幹システム対応、次世代RIAアプリケーションのWeb開発・運用基盤『Nexaweb(ネクサウェブ)』は、リッチ且つ操作性に 優れたWeb画面とインテリジェントな通信管理(リアルタイム・プッシュ配信)/非同期)を同時に実現します。これまで作業効率向上に寄与してきたレガ シーシステムからのWeb移行時や新システム構築時において、システム開発の効率化や稼働後の運用コストを抑制し、同時に基幹業務の効率向上と高い利用者 満足度を提供します。


■日本ネクサウェブ株式会社(米ネクサウェブ社の100%子会社)
リンク
所在地: 東京都中央区築地4‐1‐12
代表取締役社長: 矢形 勝志
設立: 2005年 7月
事業内容: Nexaweb(ネクサウェブ)製品の販売、販売企画、技術サポート、コンサルティング、教育トレーニング等


■本件に関するお問い合わせ先
日本ネクサウェブ株式会社 セールス・マーケティング 淡路
TEL:03-6717-2816 FAX:03-6717-4545 E-mail:info@nexaweb.co.jp

※本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。
※本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標またまたは登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。