logo

アクティブオプティカルケーブル市場は、2014年に15億ドルの予測

米国の市場調査会社、CIR社がAOC市場を調査した「アクティブオプティカルケーブル市場調査:市場動向、技術、5年間予測 - Active Optical Cabling: A Technology Assessment and Market Forecast」を出版

米国調査会社CIR社の調査レポート「アクティブオプティカルケーブル市場調査:市場動向、技術、5年間予測 - Active Optical Cabling: A Technology Assessment and Market Forecast」は、データセンタ、PC相互接続、デジタルサイネージ、家庭向けエンターテインメントにおけるアクティブオプティカルケーブル(AOC)の市場を予測し、主要なトランシーバとケーブル企業のAOC戦略を分析している。AOC市場の収益は誇大広告だとするアナリストもいるが、CIR社は2012年に7億2000万ドル、2014年までには15億ドルに拡大すると予測している。

【この調査レポートの主要な調査結果】
●2014年までは、AOC市場の最大のアプリケーションはデータセンタで、収益額は8億3500万ドルに達するだろう。膨大な銅線インフィニバンドケーブルの置換えはAOCの初期市場の収益源であるが、大企業や行政、特にGoogleやYouTubeなどによる公共の監視を行うデータセンタが大規模なポート数を採用することによっても促進されるだろう。3年前にはたった1ギガビットを達成したばかりなのに、このようなセンタは10ギガビットの容量を必要とする。
●AOCによるホームシアターはニッチ市場であり、「ビデオマニア」への高額なケーブルの販売に限られていた。しかしもうひとつのビデオ関連のAOCアプリケーションであるデジタルサイネージは、この数年で導入が格段に促進し、非常に大きな市場潜在力を秘めていると考えられる。高い帯域幅のケーブルを必要とするデジタルサイネージは、屋外のHDMI環境で1080pの解像度や1920x1200 DVIを必要と考える広告産業の需用に促進されている。デジタルサイネージは2014年までAOCの最大のセクターであり、市場は4億5000万ドルに達するとするベンダもある。

この調査レポートは、アクティブオプティカルケーブルの販売量と販売金額に関するCIR社の市場予測を記載している。現在アクティブオプティカルケーブル市場にある、または参加しようと計画しているすべての企業の製品と市場戦略を詳述・分析している。OEMやチップ企業の新しいアクティブオプティカルケーブル技術を分析している。

【調査レポート】
アクティブオプティカルケーブル市場調査:市場動向、技術、5年間予測
Active Optical Cabling: A Technology Assessment and Market Forecast
リンク

◆CIR 社 (コミュニケーションインダストリーリサーチャーズ) について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。