logo

イントラリンクス、2四半期連続のディール活動増加を観測―2009年第3四半期はトランザクションが世界で10%増

New York, Oct 7, 2009 - (JCN Newswire) - IntraLinks(R)社(以下イントラリンクス)のDeal Flow Indicatorの結果によると、2009年第3四半期の世界のM&Aディール数は、第2四半期に比べて10%増加しました。

New York, Oct 7, 2009 - (JCN Newswire) - IntraLinks(R)社(以下イントラリンクス)のDeal Flow Indicatorの結果によると、2009年第3四半期の世界のM&Aディール数は、第2四半期に比べて10%増加しました。ディールは世界のすべての地域で増加しましたが、ヨーロッパ・中東・アフリカ地域(EMEA)およびアジア太平洋地域(APAC)で、最も大きな増加(前期比)が見られます。第3四半期の活発化は、世界株式市場の依然とした強さ、大規模な非企業再建ディールの復活、各社のデレバレッジ計画実行に伴う継続的な企業再建M&A活動の結果と考えることができます。

イントラリンクスの社長兼最高経営責任者(CEO)であるJ. Andrew Damico(アンドリュー・ダミコ)は、「ディール活動は、前四半期の10%増に続いて活発化しています。これは、市場が引き続き安定していることを明確に示しています。第3四半期は、テクノロジー、ライフサイエンス、産業/製造、エネルギーなど、複数の業界でディール数の大きな増加が見られました」と述べています。

投資銀行のJefferies(ジェフェリーズ)社の共同責任者であるAlec Ellison(アレック・エリソン)氏は、次のように述べています。「ほとんどのM&Aのプロセスは5カ月以上継続するため、当社は常にトランザクションの動きを示す主要指標に注目しています。イントラリンクスのDeal Flow Indicatorは、トランザクションの傾向を示す統計的なデータを提供してくれます。これは、現在我々が入手できる各種事例の情報と際立った対照を成しています。」

イントラリンクスは、10年以上前からM&Aバーチャルデータルームの大手グローバル・プロバイダーであり、現在、2,500万ドル以上の規模を成す国際的なディールの半数近くに関与しています。これらのディールのほとんどは、早ければ公表される3カ月も前から、イントラリンクスのバーチャルデータルームにおいて活発に動いています。四半期ごとに発行されるイントラリンクスのDeal Flow Indicatorは、前四半期中にディール・チームがプロジェクトを開始するために提示したイントラリンクスのバーチャルデータルームの総数を使って計算したものです。この総数を、地域別に分析し、前期と比較します。

Deal Flow Indicatorについて
イントラリンクスのDeal Flow Indicator第3四半期レポートは、下記リンクよりご覧いただけます。
リンク (英語)
また、レポートの解説は、下記リンク先のイントラリンクスのブログでお読みいただけます。
リンク (英語)

<イントラリンクスについて>
イントラリンクスは、企業が、社内外との機密情報のやりとりを安全かつ合理的に行うオン・デマンドのソリューションを提供しています。創業以来10年以上の間に、当社のサービスは9万余企業、75万人を超えるお客様にご利用いただき、ワークフローの迅速化、ビジネスプロセスの最適化、収益の実現に寄与してきました。イントラリンクスは、アストラゼネカ、バンク・オブ・アメリカ、ドイツ銀行、米連邦預金保険公社(FDIC)をはじめとする、米国の「フォーチュン1000企業」のうち約800社に導入実績があります。詳細については、サイトをご参照ください。( リンク )

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ>テキスト・ワンハンドレッド・ジャパン株式会社
イントラリンクス広報担当 横山、秋澤
TEL: 03-5210-1981 03-5210-1981 FAX: 03-5210-2005

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事