logo

イメージバックアップソフトShadowProtect、Windows 7に対応

Windows 7に対応するとともに、MSPプログラムを導入

アズジェントは、StorageCraft社のイメージバックアップソフト「ShadowProtect」のWindows 7に対応した新バージョン Ver.3.5 の出荷を10月8日より開始する。

ShadowProtectは、OS、アプリケーション等、すべてを丸ごとバックアップするイメージバックアップソフトである。記録しているビット列のまま転送、保存するため、システム復旧もディスクの状態をリストアするだけで高速かつ確実に復元することができる。また、異機種へのリストア、仮想環境へのリストアも可能で、物理サーバから仮想サーバへの移行(P2V)、仮想サーバ間での移行(V2V)、仮想サーバから物理サーバ(V2P)などの移行にも対応しており、VMware ESXをはじめ、Microsoft Hyper-V、Citrix XenServerなど幅広い仮想環境に対応し、仮想環境への移行ツールとして活用されている。

今回のバージョンアップにより、対応OSとしてWindows 7、Windows Server 2008 R2に対応。
さらに、Ver.3.5では、読み取り不能なセクタをゼロデータとしてバックアップイメージファイルに書き込むバックアップオプションの追加、メール通知機能の改善等、様々な機能改善が行われている。

また、アズジェントでは、同時にMSP(Managed Service Provider)プログラムの国内提供を開始する。本プログラムは既に米国にて提供されているプログラムで、MSP事業者向けに、Server EditionとDesktop EditionのMSPライセンスを提供する。ライセンスを提供されたMSP事業者は独自のサービスとして月額課金(サブスクリプション)にてMSP顧客にデータバックアップサービスの展開が可能となる。これにより、多額の初期コストをかけられない中堅、中小企業においても、業務アプリケーション等重要なデータのバックアップを低コストで行うことができるという。

ShadowProtect商品情報
リンク

株式会社アズジェント
リンク

このプレスリリースの付帯情報

ShadowProtect画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事