logo

【レポート販売】「米国IT企業のオープンソース最新動向レポート」

~「Open Source Convention (通称OSCON) 2009」を参考に   米国IT企業のオープンソースの取り組みを解説~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野でクロスメディア事業を展開している株式会社インプレスR&D(代表取締役 井芹 昌信 東京都千代田区)が発行した調査資料「米国IT企業のオープンソース最新動向レポート」を販売開始しました。

報道関係者各位

平成21年10月5日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「米国IT企業のオープンソース最新動向レポート」を販売開始

~「Open Source Convention (通称OSCON) 2009」を参考に
  米国IT企業のオープンソースの取り組みを解説~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野でクロスメディア事業を展開している株式会社インプレスR&D(代表取締役 井芹 昌信 東京都千代田区)が発行した調査資料「米国IT企業のオープンソース最新動向レポート」を販売開始しました。

詳細ページ: リンク


■■ 資料概要 ■■

本レポートは、2009年7月20日から24日の5日間、米サンノゼで開催されたオープンソースカンファレンス「Open Source Convention (通称OSCON) 2009」(オライリーメディア主催)などを参考に、米国IT企業のオープンソースの取り組みを解説しています。
具体的には、グーグルやアマゾン、インテル、マイクロソフトにおけるオープンソース関連動向、米政府とオープンソースの関わり合い、次世代ネットメディアに向けたオープンソース活用事例、オープンソーシャルとオープンID、グラフで見るオープンソース・ライセンス動向など、オープンソースソフトウエアからオープンソースサイトへと広がりを見せる米国オープンソースの最新トレンドが満載です。
ビジネスにオープンソースを活用するヒントとして、本レポートをぜひお役立てください。


■■ 目次 ■■

第1章 オープンソースカンファレンス・ハイライト
1.1 ウェブ2.0の提唱者が最近注目しているインターネット技術動向
1.2 展示会場、オープンソース関連 書籍著者と交流
1.3 オープンソース・スクリプト言語比較討論

第2章 米政府とオープンソース
2.1 オープンガバメント
2.2 アメリカ変革のためのオープンソース・アプリケーション
2.3 米政府におけるオープンソース活用
2.4 Django、Pythonを使った最新の選挙監視システム

第3章 グーグルとオープンソース
3.1 グーグルのオープンソース・プロジェクトにおけるライセンス形式
3.2 グーグルのオープンソース責任者が注目するライセンス形式
3.3 利用頻度の高いスクリプト言語は
3.4 Androidにおけるオープンソース

第4章 マイクロソフトにおけるオープンソースの取り組み
4.1 マイクロソフトによるオープン・リサーチツール
4.1.1 「Project Trident」 (科学分野におけるディスカバリーの早期発見を支援する科学ワークフロー・ワークベンチ)
4.1.2 「Zentity」(リサーチ成果リポジトリー・プラットフォーム)
4.1.3 「Node XL」 (ネットワーク分析とビジュアル化ツール)
4.1.4 「Research Information Center(RIC)」 (英国図書館と共同開発した仮想リサーチ環境)
4.1.5 「Moodle」 (オープンソース・ラーニング管理システム)
4.1.6 Dryad: DraydLINQ (ハイパフォーマンス汎用分散コンピューティングエンジン)
4.1.7 Office向けプラグイン例:
4.1.8 ソフトウエア・エンジニアリングツール例

第5章 アマゾンとオープンソース関連動向
5.1 Amazon EC2向けカスタム・リナックス・イメージのビルド
5.2 アマゾンとオープン・クラウド
5.3 各種クラウド・コンピューティング・サービスプロバイダー
5.4 Kindleとオープンソース

第6章 インテルとオープンソース
6.1 インテルが開始したネットブックOS、Moblin
6.2 次世代オープンソース・メディア端末プラットフォーム

第7章 オープンソーシャル時代のデジタルアイデンティティー
7.1 オープンID、オープンソーシャル
7.2 OpenIDとOAuthの相互運用

第8章 次世代メディアとオープンソース
8.1 ネットを活用したジャーナリズム
8.2 ラジオ局におけるデジタルコンテンツ配信

第9章 オープンソース・ソフトウエア開発基盤、高速化、スケーラビリティー
9.1 オープンソース共同ソフトウエア開発基盤
9.2 ウェブサイトの高速化
9.3 MySQL/PHPウエブ・アプリケーションのスケーラビリティー改善

第10章 数字で見るUbuntuサーバー利用動向
10.1 数字で見るUbuntuサーバー利用動向

第11章 オープンソース・ライセンスと知的財産権
11.1 開発者向けオープンソース・ライセンスと知的財産権
11.2 オープンソース・ライセンスリスト


■■ 資料概要 ■■

商 品 名:米国IT企業のオープンソース最新動向レポート
発 刊 日:2009年9月30日
発   行:株式会社インプレスR&D
執   筆:株式会社インプレスR&D インターネットメディア総合研究所
販   売:株式会社クロス・マーケティング
版   型:A4版 106ページ
価   格:
    ■CD-ROM
     60,900円(税抜58,000円+消費税2,900円)別途送料500円
    ■書籍+CD-ROM
     71,400円(税抜68,000円+消費税3,400円)別途送料500円

詳細ページ: リンク

【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ 株式会社クロス・マーケティング 会社概要 ■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号 銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 株式会社クロス・マーケティングについて ■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を、主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
担当部署:ライブラリビジネスグループ
       NS-Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-3549-0221
Mail:ns-info@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。