logo

世界不況もどこ吹く風、インターネットトラフィックは2009年に急増

米国の調査会社テレジオグラフィー社が、世界のインターネット容量、トラフィック、サービスプロバイダ、価格のデータと分析を掲載した「グローバルインターネットジオグラフィ (年間購読)-Global Internet Geography」を出版

世界経済が不況にあえぐ中でも、国際インターネット市場には影響がないようだ

●国際インターネットトラフィックは、2008年の55%から上昇して2009年に74%成長
●ネットワーク渋滞への対処が遅れるというオペレータの懸念にもかかわらず、国際インターネット帯域幅は64%成長したため、ネットワークの利用率は控えめな上昇に留まった
●2009年にキャリアは9.4Tbpsを追加した。これは、2007年の国際インターネット容量の総計以上である
●インターネット容量の需用が急増する一方で、価格、特に高容量のポートでは価格が下落している

米国調査会社テレジオグラフィー社の年間購読サービス「グローバルインターネットジオグラフィ - Global Internet Geography」は、世界の国際インターネット容量、トラフィック、サービスプロバイダ、価格の最も充実したデータと分析を提供している。

2009年8月にアップデートした「グローバルインターネットジオグラフィ」は、下記について記載している。

●50ルート、47都市、38ヶ国、20の米国の最大国内ルートのインターネットトラフィックメトリクス
●国際インターネット容量を、都市毎、ルート毎、国毎、地域毎に提供
●インターネットトランジット価格の、都市毎、サービスプロバイダ毎、容量毎に分析
●95社のインターネットバックボーンオペレータのプロフィール
●2002-2009年の73ヶ国の、国毎のプロフィール、国際バックボーン容量、ブロードバンド加入者データ

【調査レポート】
グローバルインターネットジオグラフィ (年間購読)
Global Internet Geography
リンク

◆米国調査会社 テレジオグラフィー社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

Global Peak Utilization Rates by Route,2005-2009

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]