logo

複数の企業と技術の競争によって、中国のモバイル決済サービスが可能に

米国の調査会社In-Stat社は中国のモバイル決済市場を調査した「中国のモバイル決済市場調査:市場概況とユーザ調査-Remote Payment Will Lead China's Mobile Payment Market, Local Payment Will Follow」を出版

モバイル決済はまだ揺籃期にあるものの、利用者数は10億となり、中国のモバイル決済サービス市場は複数の企業や様々な技術の競争が焦点となるだろう。中国のモバイル決済サービスには主に、ローカル決済(現地通貨建決済)サービスと遠隔決済サービスの2つのタイプがある。ローカル決済と銀行口座ベースの遠隔決済サービスはどちらも初期段階にあり、銀行口座ベースではない遠隔決済サービスが、中国のモバイル決済サービス市場の主流である。

中国のローカルモバイル決済には、独占的なソリューションはない。SIMカード(加入者認証モジュール)ベースの決済ソリューションも、SIMカードを使用しない短距離無線(NFC)決済ソリューションも、試用段階にある。銀行や運輸などの分野の利益団体が、携帯電話メーカーや携帯オペレータに様々な方法を推進している。

米国の調査会社インスタット社は、2013年末には遠隔決済利用者数は倍増し、取引金額は140億ドルに近づくと確信している。ローカル決済利用者数は、試用段階から6000万ユーザ、40億ドル規模に拡大するだろう。

インスタット社は、下記についても調査した。

●China Mobile向けにカスタマイズされたRF SIMソリューションのSIMカードは、2010年半ばに発売される予定で、同社は今、提携する小売業者や採用するPOSデバイスを模索している
●インスタット社の調査回答者の半数以上が、携帯電話を支払いツールとして利用することに関心があると回答している
●現在のモバイル決済利用者で最も多かった回答は、銀行預金の決済プラットフォームとして利用するとした36.7%で、中国の利用者は銀行業界を非常に信頼していると考えられる

インスタット社の調査レポート「中国のモバイル決済市場調査:市場概況とユーザ調査 - Remote Payment Will Lead China's Mobile Payment Market, Local Payment Will Follow」は、中国のモバイル決済市場を調査した。中国のモバイル決済利用者予測、モバイル決済の取引金額、ローカル決済と遠隔決済の区分、決済プラットフォームプロバイダ収益、ビジネスモデル分析、市場戦略の可能性分析、通信会社の戦略分析、モバイル決済プラットフォームプロバイダ分析を記載している。

【調査レポート】
中国のモバイル決済市場調査:市場概況とユーザ調査
Remote Payment Will Lead China's Mobile Payment Market, Local Payment Will Follow
リンク

◆米国調査会社 インスタット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]