logo

【レポート販売】「電気自動車の充電インフラ市場調査:家庭/公衆/個人/職場の充電設備、電気自動車充電のビジネスモデル、グリット技術」

~2015年には世界で500万を上回る電気自動車の給電ステーション~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、米国の環境保護関連市場調査会社パイクリサーチ社の英文調査レポート「電気自動車の充電インフラ市場調査:家庭/公衆/個人/職場の充電設備、電気自動車充電のビジネスモデル、グリット技術」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成21年9月9日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「電気自動車の充電インフラ市場調査:家庭/公衆/個人/職場の
充電設備、電気自動車充電のビジネスモデル、グリット技術」
を販売開始

~2015年には世界で500万を上回る電気自動車の給電ステーション~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、米国の環境保護関連市場調査会社パイクリサーチ社の英文調査レポート「電気自動車の充電インフラ市場調査:家庭/公衆/個人/職場の充電設備、電気自動車充電のビジネスモデル、グリット技術」の販売を開始しました。

詳細ページ: リンク


■■ 資料概要 ■■

プラグインハイブリッドなどの電気自動車の出荷が2010年に本格的に始まり、家庭や勤務先や街中での充電インフラの需要が増大するでしょう。2015年には、世界の充電施設数は500万を上回り、機器収益の累計は65億ドルとなるだろうと、米国の環境保護関連市場調査会社パイクリサーチ社は報告しています。

「電気自動車の充電は主に家庭でなされるが、政府の財政面での後押しによって、2015年には全ての給電施設の半数は公共のものとなるでしょう。小売店は主にマーケティングツールとして公共の給電施設を導入し、多くの企業が社員のために企業の給電施設を設置するだろう」と、アナリストのJohn Gartner氏は語っています。

パイクリサーチ社は、中国政府が電気自動車の導入を強力に推進するため、中国は給電施設のトップとなり、市場全体の半数を占めるだろうと報告しています。その次は米国で、2015年に充電施設は100万を上回るでしょう。その他の充電インフラの市場として、イスラエルとデンマークがあげられます。

パイクリサーチ社の調査レポート「電気自動車の充電インフラ市場調査:家庭/公衆/個人/職場の充電設備、電気自動車充電のビジネスモデル、グリット技術 - Electric Vehicles on the Grid:Residential, Public, Private, and Workplace Charging Stations, EV Charging Business Models, and Vehicle to Grid Technology」は、電気自動車の充電インフラのビジネスモデルや技術問題に関する多くの疑問を分析しています。家庭、公共、個人、職場の充電施設の2015年までの市場を分析・予測し、グリッドインフラの電気自動車の影響を調査しています。市場牽引要因と市場阻害要因、主要企業のプロフィールも記載しています。


■■ 主な掲載内容 ■■

・市場動向
・技術動向
・自動車への電気販売
・市場予測
・主要関連企業


■■ パイクリサーチ社について ■■

米国のコロラド州に本社をおくパイクリサーチ社は、地球環境保護関連市場の専門調査会社です。
エネルギー産業から製品市場や消費者動向まで、広範な調査・分析を行い、調査レポートを出版しています。

主な調査対象市場
・再生可能エネルギー
・クリーントランスポーテーション
・環境管理
・クリーンな産業
・グリーンコンシューマー (緑の消費者)


■■ 目次 ■■

詳細ページ: リンク


■■ 概要 ■■

商 品 名:電気自動車の充電インフラ市場調査:家庭/公衆/個人/職場の充電設備、電気自動車充電のビジネスモデル、グリット技術
発 刊 日:2009年6月
判   型:53ページ/PDF&エクセルファイル
発   行:パイクリサーチ社
販   売:株式会社クロス・マーケティング
価   格:US$ 2,500

*英文でのご提供となります。
*ご請求 見積書または請求書作成日のTTSレート(三井住友銀行発表)で換算し、消費税を加えた金額となります。
*本商品は、株式会社データリソースからの納品及び請求となります。
*PDFで納品のため、ご注文後のキャンセル、返品、交換はお受けできません。
何卒ご了承お願いいたします。


詳細ページ: リンク

【お申し込み方法】

株式会社クロス・マーケティング
担当部署:ライブラリビジネスグループ
NS-Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-3549-0221
ns-info@cross-m.co.jpまでご連絡お願いいたします。


■■ 株式会社クロス・マーケティングについて ■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を、主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■ 株式会社クロス・マーケティング 会社概要 ■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号 銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
担当部署:ライブラリビジネスグループ
       NS-Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-3549-0221
Mail:ns-info@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]