logo

ぐるなび食市場『おせち料理予約・通販特集2010年』スタート

2010年おせち商戦のキーワードは「安・安・安」
“500円のおためしおせち”で安心して安全な物を安く買う!
一方で“100万円の超豪華おせち”も登場!

『おせち料理予約・通販特集2010年』

「ぐるなび食市場」で9月1日(火)からスタート

リンク



飲食店情報検索サイト「ぐるなび」を運営する株式会社ぐるなび(東京都千代田区:代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)は、「ぐるなび」内で展開するショッピングモール「ぐるなび食市場」において、おせち料理を特集したページ『おせち料理予約・通販特集2010年』を2009年9月1日から開始いたします。
 
 今年のおせち商戦は例年以上に動き出しが早く、各メーカー、各店ともすでに商品ラインナップをそろえ、予約もスタートしている状況です。「ぐるなび食市場」もその動きに合わせ9月1日に『おせち料理予約・通販特集2010年』 を開始いたします。
 昨年の売れ筋商品の平均単価は17,000~18,000円。今年はさらに低価格志向が強くなり15,000円くらいになると予想され、特に核家族向けの10,000円以下のおせちはほとんどの店舗が出しています。
 消費者がおせち料理を選ぶ際の基準としては、安心できるブランド店の品であること、食材の原材料・原産国などの食品表示がきちんとされ安全であること、そしてとにかく安い、という「安・安・安」がキーワードとなっています。
 今回の目玉商品は、博多久松の「おためしおせち」で、全13品が少しずつ入ったおせち料理が500円という破格の値段で提供されます。まずは味を確かめ、納得したら通常のおせち料理を購入するという“おためし”ができる商品で、80個限定の販売となります。
 安くておトク感のある商品に人気が集まる一方で、金沢の老舗料亭・金城樓の「ぐるなび特別・老舗料亭・金城樓の輪島塗の3段重ね 豪華おせち」は1個100万円という超豪華なおせち。能登松茸土佐煮、能登蒸あわびなど贅の限りを尽くした至極の一品となっております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]