logo

クラウドPBX「アジルフォン3.0」をリリース!

法人、個人、Asterisk、既設PBX、携帯電話、Skype通話も内線化! 保留転送、グループ着信、5者通話、ロケーションフリー可能に!

クラウドPBX(注1・注2)サービス大手のアジルネットワークス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:篠田亘司)は、法人、個人、Asterisk(注5)、既設PBX、携帯電話等をすべて内線として統合する新バージョン「アジルフォン3.0」を出荷、9月1日から販売を開始いたします。

今までの「アジルフォン」は、
・個人向け「アジルフォンプロ」
・法人向け「アジルフォンビズ」
・Asterisk、IP-PBX接続「アジルSIPトランク」
・携帯内線化「アジルケータイセントレックス」
・「Skype接続ベータサービス」
等のサービスがありましたが、今後は「アジルフォン3.0」に統合され、さまざまな端末、電話ネットワーク(法人、個人、Asterisk、既設PBX、携帯電話、Skype等)をクラウドPBX「アジルフォン3.0」がコントロールをすることにより、通話統合・内線化が可能となりました。


■内線接続可能端末
・SIP電話機・携帯電話・会議電話・既設ビジネスフォン/PBX
・Asterisk・Skype・ソフトフォン

また新機能/特徴機能として
・ロケーション/プロバイダーフリー
・テレワーク、パンデミック対策
・Web電話帳
・センター発着信(携帯、固定)
・携帯内線化
・既設PBX接続
・通話モニタリング
・全通話録音
・CID/UID管理画面(注4)
・5者会議通話
・保留転送、グループ着信
・UID個別留守電
等の機能が実装されております。

従来の「アジルフォン」は、IPビジネスフォンに必須となる内線、保留、転送、グループ着信などの機能をSaaSで提供して、初期費用を抑えながら、必要な時に短期間で導入することができました。

今回の新バージョンでは、クラウドPBXとしてさまざまな端末、電話ネットワークが接続可能となりました。
特に携帯電話との連携機能では、通常の携帯電話をビジネスフォンの子機として使用できるようになり、オフィスと携帯電話間の定額通話(注3)、グループ着信、保留転送、固定電話番号の発信者番号表示などの諸機能が利用できるようになります。

このことは、社員が座席を共有するフリーアドレス環境などで大変利用しやすく、従来のアジルフォンの導入メリットである通信およびメンテナンスコスト削減に加えて、固定電話機の削減による効果も期待できます。

ユーザー管理機能も大幅にアップし、企業、契約ごとのCID画面、端末ごとのUID画面を持ち企業内の管理者だけでなく企業内のエンドユーザーも設定変更が可能となりました。


■価格・機能一覧
UID種別    /月単価(税込)/備考&説明
SIP端末    /1,890    /SIP電話器、SIPトランク、IAX対応
携帯端末   /1,890    /携帯の内線化
アジルセンター/1,890    /センターにアクセスし内線化。留守電などのさまざまな機能が可能に
電話会議室  /1,890    /電話会議室(同時通話5人まで)
既設PBX    /1,890    /GW装置設置による既設PBX連携
既設子機   /1,890    /既設のPBXの下にある内線子機に付与する
設置GW    /1,890    /外線につなぐ時
DID      /210     /電話番号代
請求書発送  /315     /明細はWeb
モニタリング /1,890    /ヒアリング機能のみ
全通話録音  /1,890×全UID/最長6ヶ月データ保存

※「アジルフォン3.0」のバージョンアップ後に、端末や外線番号を新規および追加で購入された場合に新料金が適用


■機能説明
【CID(顧客ID)/UID(端末ユーザーID)による管理】
新たに全体管理画面(CID管理画面)と、ユーザーごとの管理ページ(UID管理画面)を使えます。複数のユーザーや電話番号(DID)を統合管理する事が可能になると共に、お使いのユーザーごとに管理ページが用意され、ユーザー自身が発着信履歴の確認、留守番電話機能を設定できます。また、オリジナル留守番電話メッセージの吹き込みが可能となり、音声録音による電話メモ機能も搭載しました。

【ケータイセントレックスSaaS(携帯電話を内線端末として利用可能)】
携帯電話を内線端末として利用でき、オフィス → 携帯、携帯 → オフィスに内線で連絡できます。発信時はWeb電話帳(クリックトゥコール発信)や自動音声応答(センター発信)を使用でき、設定した代表番号を発信者番号として表示できます。また、設定した代表番号からの着信を受けられます。その他、他の内線電話機との多段転送も利用できます。

【Web電話帳】
共有/ユーザー毎の2つの電話帳を搭載し、PCや携帯電話のWebブラウザから利用できます。CSV形式でのインポート/エクスポートが可能です。

【電話会議室機能】
複数ユーザーが同時に会話のできる、電話会議室機能が使用できます。

【通話モニタリング機能】
他ユーザーの通話内容をモニタリングできます。管理者が全体管理画面(CID)からモニタリングできるユーザーを任意で設定できます。

【通話録音機能】
アジルフォン経由の通話の全通話録音ができます。管理者が全体管理画面(CID)から録音内容を確認できます。

【SIPトランクサービス】
自社内でSIPサーバ(Asteriskなど)を運用する企業ユーザー様は、公衆回線網に接続するSIPトランク(IAX対応)サービスとしてもご利用いただけます

■アジルネットワークス株式会社について
情報化革命の実現という経営理念の下、クラウドPBXサービスを中心とするVOIPサービスを提供しています。当社のサービスは、「ロケーションフリー、プロバイダフリー、タイムフリー」という大きな特徴を持ち、インターネット、VOIPの特性を活かしたコミュニケーションを実現します。

社名 : アジルネットワークス株式会社
    (英字社名:Agile Networks, Inc.)
本社 : 〒103-0015 
東京都中央区日本橋箱崎町12-2 ハナワビル5F
TEL  : 03-4590-6300
代表者: 代表取締役 篠田 亘司
資本金: 2億6,828万6,200円
URL  : リンク

■本リリースに関するお問い合わせ
アジルネットワークス株式会社
担当 : 広報担当 吉田 幹彦・高橋 裕子
TEL  : 03-4590-6060
E-Mail: pr@agile.ne.jp

用語解説

(注1) クラウドPBX=IP電話とPBX(構内交換機)をインターネット越しにサービスとして提供します。
(注2) クラウド/SaaS=インターネット越しにソフトウエア貸出提供サービスのこと。
(注3) 通話料を定額にするためには、別途通信会社のサービスに申し込む必要があります。
(注4) CID=顧客ID。契約単位ごとのID。UID=端末ユーザーID。電話端末一台ごとのID。各々Web管理画面を持つ
(注5) Asterisk=オープンソースのIP-PBXソフトウエア

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]