logo

USBとブルートゥースは消費者のマインドシェアをがっちりつかむ

米国の調査会社インスタット社は出版レポート「ビジネスと家庭のPCインターフェース調査 2009年:利用状況と利用意向 - Interface Survey 2009: Tracking Interface Usage on Work and Home PCs」のプレスリリースにおいて、USBとブルートゥース、いずれも米国の家庭でもビジネスでも、多くの用途で利用されているという消費者調査結果を発表しました。

【プレスリリース】
USBは、家庭でも企業でも最も広範に利用されているインターフェースであり、ブルートゥースは携帯電話での人気が非常に高いと、米国調査会社インスタット社は報告している。インスタット社の米国消費者調査(In-Stat survey of US consumers)によれば、この2つの技術は家庭でもビジネスでも、多くの用途で利用されているとのことである。

「家庭での使用において、最も人気があるUSBアプリケーションはUSBフラッシュドライブで、プリンタ、デジタルスチールカメラと続く。携帯電話と家庭のPCを接続するためにブルートゥースを利用するという回答者は34%で、マウスとキーボード、PDAと携帯PCの接続にもよくブルートゥースを利用している」とインスタット社のアナリストBrian O'Rourke氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ USBは、家庭とビジネスにおいて最もよく利用されているインターフェースであり、続いて1394、ブルートゥース、DVI、HDMIもよく利用されている
■ 回答者の半数以上がブルートゥース機能搭載の携帯電話を利用しており、約60%がブルートゥースヘッドセットの接続に使用している
■ PCにHDMIポートがついているとした回答者の25%以上が、PCとデジタルテレビの接続に利用している

インスタット社の調査レポート「ビジネスと家庭のPCインターフェース調査 2009年:利用状況と利用意向 - Interface Survey 2009: Tracking Interface Usage on Work and Home PCs」は、米国のインターフェース技術市場を調査した。2008年10月の米国消費者を対象としたオンライン調査の結果を分析して、USB、1394、ファイアーワイヤー(FireWire)、ブルートゥース、DVI、HDMIの所有、利用、認知度を調査した。ビジネスと家庭のPC(デスクトップ、ノートPC、モバイルハンドセット)でのインターフェースの利用を分析し、 新しい無線技術の認知度と魅力に関する質問の回答や、次世代デバイスにおいてこれらの技術にいくら支払うかなどを論議している。

【調査レポート】
ビジネスと家庭のPCインターフェース調査 2009年:利用状況と利用意向
Interface Survey 2009: Tracking Interface Usage on Work and Home PCs
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。