logo

ウェアラブル無線センサ

低エネルギーブルートゥース、ZigBee、Wi-Fi、特許技術を使用したボディエリアネットワーク(BAN)

既存の医療の運用に対して、複数の社会的要因が重い負担を課しているが、無線ボディーセンサへの関心と投資の流れが、医療サービス提供者のコスト節減と、より良い処理能力を提供して、この負担を和らげることができるかもしれない。リモートシステムにデータを伝送する機能を提供する無線センサの開発が、大きなメリットをもたらすだろう。この調査レポートは、この用途に使用されるであろう短距離無線技術と身体に着用可能な無線センサの需要をもたらす要因を調査している。この市場における重要な企業を特定し、法規制や産業環境について説明し、市場発展に影響する患者看護の力学を評価する。健康維持、在宅健康管理、プロフェッショナルの遠隔医療の3つのカテゴリーの潜在市場を調査し、市場毎、地域毎、技術プロトコル毎の無線センサー市場の成長予測を記載している。


◆調査レポート
ウェアラブル無線センサ:低エネルギーブルートゥース、ZigBee、Wi-Fi、特許技術を使用したボディエリアネットワーク(BAN)
Wearable Wireless Sensors
Body Area Networks Using Bluetooth Low Energy, ZigBee, Wi-Fi and Proprietary Technologies
リンク


◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。