logo

日本のアニメや電子コミックを中国の携帯電話向けに有料配信する新サービス 「CJ-LINXチャンネル」発表、10月よりサービス開始

CJ-LINX株式会社(TLホールディングスグループ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野広一)は中華人民共和国(以下中国)で展開している日本企業の中国進出を支援する総合サービス「CJ-LINX(シージェイ・リンクス)」の新サービスとして、日本のアニメや電子コミックを中国の携帯電話向けに有料で配信する「CJ-LINXチャンネル」を発表、10月よりサービスを開始いたします。

新サービスは、EC事業で協業しているポインテージ株式会社と共同で主導し、当社が中国電信集団公司(チャイナテレコム、以下中国電信)の電子決済サービス「電話財布」プロジェクトとの協業の下、中国におけるコンテンツ配信、決済、マーケティングを担当し、ポインテージ株式会社がコンテンツの収集とその中国語化を担当いたします。現在、版権等の問題をクリアしたタイトルを300以上確保しており、中国語に翻訳後、株式会社セルシスの高性能携帯ビューアBookSurfing(ブックサーフィン)で各コンテンツに最適化した形式によるストリーミング配信を開始いたします。

CJ-LINXチャンネルは10月より中国湖北省において中国電信の携帯電話ユーザー限定で月額5元~20元(1タイトル:約75円~300円)からサービスを開始し、定期的にタイトルを拡充すると同時にサービスの提供地域を広げていきます。中国電信
の携帯電話ユーザーはサービスの提供元と銀行口座をダイレクトに結ぶ「電話財布」決済により手間がかからず高付加価値なサービスを利用できることから、同社では他社携帯からの移行促進や電話財布サービスへの加入者増加を見込んでおり、今後、中国電信と共同で地場のリソースを活用したプロモーションを積極的に行うことで、新サービスの利用者を早期に10万ユーザー獲得することを目指します。

CJ-LINXは第一弾のサービスとなる中国市場における日本製品拡販を総合的に支援する「渋谷網」の事業開始を9月に予定しており、現在「渋谷網」を展開する湖北省武漢市政府主導のECサイト中国漢正街電子商務平台(漢正街)に出店し、物流や通関業務の最終テストを兼ねたプレオープンを行っております。今回の「CJ-LINXチャンネル」はそれに続くサービスの第二弾として提供いたします。

※記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。