logo

オペレータはスマートネットワークサービスで、医療などのニッチ産業を狙う

モバイルヘルスケア市場:モバイル医療アプリケーションの市場と動向 - 世界市場分析と戦略概観

2009年4月23日
英国調査会社インフォーマT&M社の調査レポート「モバイルヘルスケア市場:モバイル医療アプリケーションの市場と動向 - 世界市場分析と戦略概観」によれば、モバイル通信の利用による医療サービスが世界中で広まっているとのことである。消費者の携帯電話加入者数は減速しており、オペレータは消費者向けやビジネス向けのニッチな付加価値サービスの多角化を模索している。医療サービスは、ビジネス向けの注目の分野である。いわゆるモバイルヘルスケア(M-Health)サービスは、通信会社の”企業の社会貢献”としてだけでなく、すでに実施されている。モバイルヘルスケアサービスは、コスト効率がよく、単なるSMS予約だけではなく、サービスの向上に役立つものである。無線通信には、医療機器探索にかかる資産管理の時間の節約(英国の国民医療制度では1年あたり9億ポンドかかると言われている)、信頼性が高く安全なモバイル通信による患者のデータ管理による職員へのアクセス、医療現場からのシステムへの接続など、多くのビジネスチャンスがある。


◆調査レポート
モバイルヘルスケア市場:モバイル医療アプリケーションの市場と動向 - 世界市場分析と戦略概観
Mobile Healthcare: Markets and Trends for M-health Applications
Worldwide Market Analysis and Strategic Outlook
リンク


◆英国市場調査会社 インフォーマT&M社について
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。