logo

-GACKTバースデーライブに初採用-キャリアを通さず、ケータイコンテンツの販売ができる新課金方法「QT」誕生。

株式会社トリワークス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:池田武史)が開発したケータイコンテツの新課金方法QT(キュー・ティー)が、国立代々木競技場第一体育館で行われたGACKTのバースデーライブのグッズに採用されました。 QTはケータイコンテンツをプラスティックカードという形状にし、簡単に販売できるまったく新しい仕組みです。



【ケータイコンテンツ新課金方法の誕生】
今では、一大産業となったケータイコンテンツビジネスですが、その多くがキャリア独自の審査を経て行える公式サイトによって課金を行っていました。これを誰でも簡単に使えるようにしたのが「QT」です。QTは、ケータイサイトを立ち上げなくとも、ケータイ待受画像やFlash等のモバイルコンテンツを物販できるカードです。QTには1枚ずつに異なるQRコードが(1万枚なら1万通の)印刷されており、ランダムに画像を表示します。従来のQRコードとは異なり、ファーストアクセスした携帯電話以外のアクセスを完全ブロックすることが可能です。ケータイ公式サイトと同等のセキュリティが整備されている環境下で、手軽にモバイルコンテンツを販売できる新課金方法として注目を浴びています。
[参考URL]:リンク

【GACKTライブでQT(キュー・ティー)が初採用】
7月4日、国立代々木競技場第一体育館で行われたGACKTのバースデーライブ「GACKT VISUALIVE ARENA TOUR 2009 Requiem et Reminiscence IIFinal-鎮魂と再生- Birthday with Dears」のサプライズプレゼントとしてQTが採用されました。この日の為だけに用意したGACKTの撮り下し待受画像や直筆メッセージを、QTを活用して配布。素材の流出を完全にブロックできるので、配布された画像はライブ参加者である1万2000人のファンだけが手に入れられるプレミアム画像となっています。
[GACKT Official site]:リンク

【ご参考資料】
QT(キュー・ティー)概要
ケータイ待受画像やFlash、ケータイ書籍等のモバイルコンテンツをグッズとしてご提供できるカード、それがQTです。コンサート、観光地やスタジアム、美術館、各種アミューズメント施設でのグッズ販売のラインナップに加えたり、新しいプロモーションの販促ツールに使用するなど、幅広い用途でご活用できます。

QT はコレクション性の高いプラスティックカードです。しかも1枚ずつに異なるQRコードが(1万枚なら1万通りの)印刷されています。ユニークなQRコードと、ケータイの端末IDを利用して今までにないサービスを展開する事ができます。
※QTのシステムは特許出願中(特願2009-152948)の技術により実現されています。


QT 導入のメリット
1.QTにかかるのは初期費用(カード購入費用)だけ          
従来のケータイのサービス提供では必ず発生していたシステム運用費など月額費用が一切必要ございません。
2.高度なセキュリティ                      
QT はパソコンからのアクセスを完全ブロック。また、ファーストアクセスした携帯電話以外がアクセスしてもご利用できません。他の携帯電話への転送や持ち出しも制限するなど、ケータイ公式サイトと同等の高セキュリティによって、不正な素材流出を防ぎます。
3. コレクションアイテムとしての価値                              
カード仕様であるQTは、既存のトレーディングカードと同じように、単体としても高いコレクション性を持たせることができます。

トリワークスについて
当社は1999年からケータイビジネスに関する企画・制作を手掛けてまいりました。携帯電話事業主と直接、協業でサービス提供を行うなど、現在に至るまで、様々な実績を重ねております。裏付けされた確かな技術によって誕生したのがQTです。
【会社概要】
社名: 株式会社トリワークス (英名:TriWorks Corp. JAPAN)
所在地: 〒150-0002   東京都渋谷区渋谷2丁目12番24号 東建・長井ビル3F
事業内容 :ケータイコンテンツ、システムの企画・開発
      QT(キュー・ティー)の開発・販売 他
URL:リンク

※QTは登録商標出願中です。
※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。
※Flashは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。
※その他、記載されている製品名は、各社の登録商標または商標です。

関連情報
http://biz.qt-card.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。