logo

電話番号とID/パスワードのダブル認証を用いた本人認証ソリューション「CallPassport(コールパスポート)」を6月25日より販売開始

~電話をかけるだけでネットショッピングのセキュリティを強化~

NTTソフトウェア株式会社(以下、NTTソフトウェア 本社:東京都港区、代表取締役社長:伊土 誠一)は、電話をかけるだけで、ネットサービスで多く利用されているID/パスワード方式の認証を強化する本人認証ソリューション「CallPassport(コールパスポート)」を2009年6月25日より販売開始いたします。

本ソリューションは、インターネットのサービスにおいて、ID/パスワード方式の認証に加え、電話の発信者番号を利用することで、強度を高めた本人認証を提供します。ネットショッピング、ネットオークションの他、SaaS、ASP、Web-EDI(*1)、VPN(*2)接続における認証などにも適用可能です。

1.背景
ネットショッピングやネットオークションでは、フィッシングやスパイウェアによりID/パスワードを盗まれ、不正利用される危険性があります。これを防止するために、従来は、ワンタイムパスワード(*3)やIDカードなどの専用機器による認証を利用していました。しかし、これらの認証では、利用者の初期設定や操作が複雑であり、企業側にも専用装置の初期配布や運用に負担がかかっていました。

2.CallPassportの効果
(1)2経路認証によるセキュリティの向上
ID/パスワードによるインターネット経路と、電話回線の2経路での認証を併せて利用することにより、ID/パスワードが盗まれた場合でも不正利用を防ぐことが可能となります。さらに認証機能を強化したい場合には、音声認識(合言葉)認証(*4)や声紋認証(*5)などの追加オプション機能も用意しています。
(2)利便性の向上
ID/パスワードの入力に加えて、電話をかけるだけで認証できるので、誰でも簡単に操作することが可能です。
(3)導入コストの圧縮
ID/パスワードと発信者の電話番号により本人認証するため、企業は新たに専用機器の配布が不要となります。また、固定電話や携帯電話の機種に依存しないので、利用者は電話機の買い替えも必要ありません。
(4)運用コストの圧縮
専用機器が不要ですので、貸出管理コストや故障時の交換コストを削減できます。誰でも簡単に操作できるため、ヘルプデスクなど専門要員による操作説明が不要です。
なお、このソリューションは、NTT情報流通プラットフォーム研究所で開発された技術をベースにNTTソフトウェアが商品化したものです。

3.売上目標
今後3年間で3億円の販売を目標といたします。

4.製品販売価格
登録ユーザー数が1000人規模の最小構成の参考価格は以下の通りです。
4,490,000円(税抜き)~

このプレスリリースの付帯情報

利用イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

*1:Web-EDI(Web Electronic Data Interchange)
インターネット技術を利用した企業間商取引。特別な情報システムや専用回線を導入することなく、構築が可能となる。
*2:VPN(Virtual Private Network)
仮想的に公衆回線を専用回線であるかのように利用できるサービス。
*3:ワンタイムパスワード
ログインするたびに毎回パスワードを変更する方法。
*4:音声認識
音声で話す内容を文字データとして取り出す技術。
*5:声紋認証
一人ひとりの声の特長を用いて個人を識別する認証技術。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]