logo

株式会社エウレカ、アパレル通販ECサイト「イマージュ・ネット」のWEB広告メディア事業を完全受託

株式会社エウレカ 2009年06月29日 15時00分
From DreamNews

株式会社エウレカ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 赤坂 優)は、7月1日より株式会社イマージュ・ネット(本社:東京都目黒区、代表取締役社長 石塚 政光)が運営する女性向け通販カタログ 『イマージュ』のECサイト『イマージュ・ネット』のWEB広告メディア事業の運営を完全受託致します。
株式会社エウレカ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 赤坂 優 以下エウレカ)は、7月1日より
株式会社イマージュ・ネット(本社:東京都目黒区、代表取締役社長 石塚 政光 以下イマージュ・ネット)が運営する
女性向け通販カタログ 『イマージュ』のECサイト『イマージュ・ネット』のWEB広告メディア事業の運営を完全受託いたします。
両社の連携により、イマージュ・ネットWEB広告メディア事業の新規顧客の獲得と既存顧客の満足度向上に取り組みます。
■エウレカの事業概要
サイトのメディア開発から広告営業代行まで一括して承り、サイトの広告収益最大化を図ります。
・有名メディアを運用する実績
・費用は全て売上に応じた成果報酬、初期費用は0円
・サイトの生涯価値を考えたメディア開発
・メディア開発を通した、新規ビジネス提案

<エウレカにできること>
一時期のネットブームで多くの企業が多額な投資をし、莫大なコンテンツ制作費をかけ、ネット媒体の運営を始めました。しかし、
(1)インターネット媒体が飽和状態になったことと、
(2)媒体社が決めた不適正な媒体費で広告が売れる時代ではなくなったこと
で、広告価格は適正価格まで低下し、広告主のニーズに合った価格やメニューを提供できない媒体は収益が減少し、
苦しい経営を迫られていたり、淘汰されたサイトは閉鎖に追い込まれているという現状です。
広告メディア事業は、適切に行えば、原価率が低く、高粗利であるため、企業の貴重な収益源です。
しかし、媒体の特性と広告主の利害が一致せねば、その媒体の広告は何の価値もありません。
私たちは、長年のネット広告営業とネットメディア運営の実績をもとに、
売上が下降の一途を辿るインターネット媒体を高収益化させた実績を活かし、
メディア開発から広告営業代行まで一括して承ります。
広告主が求める広告と、その媒体だからこそできる広告を開発・販売することで、
苦境に立たされているインターネット媒体を売れるメディアへと再生し、サイトの広告収益最大化を図ります。
報酬は全て売上に応じた完全成果報酬で、初期費用もいただきません。
メディアが収益を上げられなければ、私たちの収益も上がらないという、運命共同体としてビジネスを共にするスタンスで事業を行います。

■会社概要
【株式会社エウレカ】
代表者 : 代表取締役社長 赤坂 優
所在地 : 東京都渋谷区東3-26-2 第二長澤ビル6F
事業内容: インターネットメディア開発、育成、販売代行事業
URL : リンク
【株式会社イマージュ・ネット】
代表者 : 代表取締役社長 石塚 政光
所在地 : 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー 2F
事業内容: EC事業、広告事業
URL : リンク

■本件に関するお問い合わせ
株式会社エウレカ  担当者:白井
電話 (03)6418-0778  メール media-image@eure.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事