logo

CJ-LINX、中国向け新事業として、中国電信と連携した広告配信サービス事業を開始 ~ 中国電信の6億ユーザー向けに日本企業の広告配信サービス事業 ~

TLホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野広一)は、日本企業の中華人民共和国(以下中国)進出を支援する総合サービス「CJ-LINX(シージェイ・リンクス)」の新サービスとして、中国電信集団公司(チャイナテレコム、以下中国電信)の6億ユーザーを対象に日本企業のメール広告を配信する事業を開始することを発表いたします。日本企業の当サービスへの参入は初めてで、これにより地場の強力なマーケティングインフラを利用し、中国における日本製品の販売拡大を効率的に支援することが可能となります。

新サービスは、携帯・固定電話で中国最大のシェアを持つ中国電信の約6億の法人・個人ユーザーを対象にユーザー属性(年齢、性別、居住地、趣味など)により商品やサービスに合わせた適切な配信対象者を絞り込み、効率よくモチベーションの高い層に対して情報発信を行うことで日本企業のマーケティング支援を行うものです。メール配信の基本メニューは従量又はレスポンス率によって変動する仕組みで、クライアントや広告代理店の要望を取り入れた料金設定を行うことが可能です。効果的なPRを手軽に行えることや、これまで中国で主流であるダイレクトメールと比較し大幅にコストを削減でき、またメール広告からダイレクトにWebサイトへ誘導することで「渋谷網」などECサイトとの親和性が高いことなどから、今後の販促支援手法として中国でも有望視されている手法です。条件等により、サービス提供価格は上下いたしますが、1万人程度の小規模な広告配信であれば10万円からサービスを利用することができます。

CJ-LINXでは7月より中国政府が主導する企業間取引(B2B)サイト「中国漢正街電子商務平台」で中国の卸企業向けに日本製品の購入をマッチングし、決済・国際物流支援と合わせて提供する新サービス「渋谷網」のプレオープンを行い、今回のメール広告サービスにより効果的なマーケティング支援も合わせて提供していきます。本年末までには累計で50社への広告サービス提供を目指します。

■中国電信集団公司様からのエンドースコメント
中国電信のメール配信サービスは、すでに中国国内の企業には広く利用されており、このたびはCJ-LINXを通して、日本企業の優れた商品を新たに中国電信のユーザーに広く認知してもらえることは、お互いに多くのメリットを生むと期待しています。
中国電信集団公司 湖北 増値服務センター 経理 Tu Xiao Wei 

※記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。