logo

究極の名刺管理サービス「アルテマブルー」の導入社数が200社を突破

~法人向けASP/SaaS型サービスとしては異例のスピードで利用企業が増加~

イーシステム株式会社(証券コード:4322、本社:東京都港区、代表取締役社長:大森 良哉、以下 イーシステム)は、イーシステムが開発・提供する名刺管理サービス「アルテマブルー」の導入企業数が200社を超えたことを発表します。

「アルテマブルー」は、名刺を専用スキャナでスキャンするだけで正確に名刺情報をデジタル化し、PCや携帯電話から自分の名刺を検索したり、社内で共有することができるSaaS型サービスです。「名刺情報を経営に活用する」というコンセプトとシステムの利便性の高さが市場から高い評価を受けています。

■サービスリリースから1年間で200社に導入
「アルテマブルー」は、昨年6月のサービスリリースから1年間で200社超の企業にご導入いただきました。これは、法人向けのSaaS型サービスとしては異例のスピードといえます。
導入先企業は業種業態・規模を問わず、上場企業から中小企業、ベンチャー、SOHO、会計士や税理士の事務所に至るまで、様々な企業や団体にご利用いただけるまでになりました。導入先の企業では、これまでに抱えていた「名刺」にまつわる様々な課題を解決できるだけでなく、アルテマブルーの豊富な機能や連携サービスをベースに名刺データを効率的に管理し、マーケティングや営業活動に活用していただいています。
アルテマブルーを導入したお客様からは、主に以下のようなポイントが評価されています。

(1)いつでもアルテマ
・強力な検索機能により、スピーディに目的の名刺を検索してメール・電話可能
・取引先のホームページや企業情報、地図・経路検索、WEBニュースにワンクリックでアクセス
・訪問前に取引先の最新の情報を収集してコミュニケーション向上
(2)どこでもアルテマ
・外出先でも携帯電話から名刺情報にアクセス可能
・訪問先の地図や電車経路検索をすばやく表示
・携帯電話が「名刺入れ」代わりになり持ち運びが便利
(3)みんなでアルテマ
・名刺を共有して、経営者や営業マン同士の人脈をお互いに利用
・クロスセルやアップセルに人脈を活用
・営業マン同士のコミュニケーションが向上
(4)名刺でマーケティング
・蓄積した名刺データをもとにマーケティングメールを一斉配信
・過去に面識のある方へ「私信メール」として配信できるため返信率が非常に高い
・セミナーの集客や新商品の案内など社外への情報発信が活発化
(5)名刺で日報管理
・日々の活動を登録して日報管理や取引先との折衝履歴として管理可能
・営業担当者の異動や転職時の引き継ぎ情報として有用
・名刺にひもづけて活動登録できるため営業負担が少なく定着しやすい

他にも、PC端末や携帯電話に名刺データ、いわゆる個人情報が記録されないため、コンプライアンスやセキュリティ向上の面でもご評価いただいています。

■顧客の要望や市場ニーズを取り入れ、他社サービスと連携し真のクラウド型サービスを提供
「アルテマブルー」は、利用顧客からの要望や市場ニーズを積極的にサービスに取り込むことで、利用ユーザーの満足度向上とともに、より多くの企業のニーズに応えられるよう、3ヶ月に1回のペースでバージョンアップを実施しています。
また、サービスリリース当初からネット上の様々なWEBサービスと積極的に連携および業務提携を進め、アルテマブルーのユーザーに利便性の高いサービスをワンストップで提供してきました。
たとえば、地図連携や経路検索エンジン連携をはじめ、各社のメールソフトやIP電話などと連携し、営業の日常業務を効率化する仕組みをいち早く提供、また、人事異動情報をメールで通知する人事異動ニュース連携や、取引先の株価や企業情報データーベースとの連携など、様々な情報コンテンツサービスと連携してビジネスにすぐに役立つ最新情報を提供してきました。
マーケティング領域では、アルテマブルーに蓄積された名刺データを活用して現場担当者が様々な情報発信ができる一斉メール配信機能や、はがきDMをオンライン上で印刷できるサービスと連携し、すでに多くの利用企業様から高い評価の声をいただいています。
今後は、さらなる名刺活用のための機能追加を進めるとともに、SaaS型のCRMやSFAサービス事業者との提携を深め、名刺を基点としたマーケティングおよび営業業務プロセス改善のためのソリューションを展開していく予定です。


<究極の名刺管理サービス「アルテマブルー」について>
「アルテマブルー」は、日本のビジネスに欠かすことのできない名刺を、迅速かつ正確にデジタル化し、名刺データを経営に活用するための様々な機能を実装したSaaS型サービスです。
「アルテマブルー」を導入することにより、個人の管理に委ねられ企業内に分散している名刺情報がデジタル化・一元管理され、営業担当者をはじめとする社員間で共有できるようになり、今まで個人のノウハウと考えられていた社員個々の人脈を企業の資産として経営に活用することが可能になります。
また、PCや携帯からネットワーク経由でデータセンター上の名刺データにアクセスする方式であるため、情報漏えいリスク対策面からの安全性が高いとともに、利用する場所と時間の制約を受けにくい利便性の高い仕組みです。
「アルテマブルー」のその他詳細に関しましては、アルテマブルーサービスサイトをご参照下さい。
アルテマブルーサービスサイト : リンク

<イーシステムについて>
リンク
イーシステムは、企業のCRM実現のための戦略策定・プロセス改革・システム構築・運用を支援するソリューションベンダーです。
企業とその収益の源泉である顧客との関係をより深く、継続的なものにすることで収益の最大化をめざし、経営革新を続ける企業を総合的に支援します。シティバンクやGEキャピタル、バイエル薬品等、数多くの企業における豊富な経験と実績に基づき、多種多様な業種、事業形態に最適なシステムとアプリケーションを提案します。
イーシステムは、CRM分野におけるリーディングカンパニーとしての豊富な経験と最新のテクノロジーをベースに、激変する経営環境に対応したCRMの進化をリードし、顧客中心主義型組織への変革の担い手として、新しいCRM市場創出をめざします。
1994年設立、2001年ナスダックジャパン(現ヘラクレス)上場[証券コード:4322]、2006年よりキヤノングループ。


<報道関係からのお問い合わせは以下の担当へお願いいたします>
イーシステム株式会社 担当 池上
電話:03-6811-0013 E-mail:marketing@e-system.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。