logo

“きせかえ”ケータイコンテンツのレンタルサービスはじめました!!


株式会社ヒューベースi(本社:東京都渋谷区、代表取締役:吉原丈巨 資本金:1億円)は、ケータイコンテンツで現在、注目を浴びている“きせかえコンテンツ”のレンタルサービスを6月10日から開始いたしました。



◆現状

ケータイの中身をテーマを決めて一括で“きせかえ”が行える「きせかえツール(docomo)」「EZケータイアレンジ(au)」「きせかえアレンジ(SoftBank)」は、気軽に機種変更が難しくなったいま、“待ち受け”に変わる新たなコンテンツとしてユーザーに注目され利用されています。しかしコンテンツの制作コストが“待ち受け”に比べ高価なため、ユーザーが満足できるコンテンツ数を提供できないのが現状です。



◆サービスの特徴

 当社では、低価格・高品質で“きせかえコンテンツ”を制作することのできる「きせかえ出力サービス」に加え、ユーザーのニーズにマッチした“きせかえコンテンツ”のレンタル提供を行います。これにより、制作だけでは補えないコンテンツの更新を安価に提供することが可能となります。



◆制作現場の3つの悩みを解消

 “きせかえコンテンツ”の制作においての3つの悩みを解決しました。

1. 納期に時間がかかる     → 当社で用意したコンテンツを即時に貸出す事が可能です。

2. 対応機種が少ない      → 3キャリア155機種(最新機種を含む)への対応が可能です。

3. コンテンツ制作費用が高価  → ダウンロードによるレベニューシェアプランと定額プランを用意。



◆シンプルな納品構成

 きせかえケータイサイトのイメージにマッチした“きせかえコンテンツ”をご提供させていただきます。従量制にて販売されているケータイサイト向けには、コンテンツダウンロードのレベニューシェアでの料金プランを、キャンペーン等の無料配布用には、定額プランをご用意しました。



◆『きせかえステーション』プロジェクトとは

“きせかえコンテンツ”制作現場を応援するために2009年4月より展開しております。第1弾として“きせかえ出力サービス”をスタートし、第2弾では、簡単にきせかえケータイサイトの運営が開始できる「きせかえ公式サイトパック」、そして第3弾の「レンタルサービス」と、現場作業の軽減とコスト削減を目的として、多くのコンテンツプロバイダー及びデザイン制作会社の方々にご利用いただくよう進めてまいります。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事