logo

eラーニングシステム「actbrain(アクトブレイン)」7月13日提供開始

200万人の受講実績を活かしリニューアル!

パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社(本社:大阪市北区 代表取締役社長:河村 雄良 以下:パナソニック電工IS)は、ご好評をいただいているeラーニングシステムをリニューアルし、名称も新たに「actbrain(アクトブレイン)」として、7月13日より提供を開始いたします。

当社のeラーニングシステムは2002年より提供を開始し、システム構築が不要なSaaSサービスであることやID数に応じた柔軟で安価な課金体系、運営ノウハウも含めたコンサルティングなどが高い評価をいただき、このシステムによって作成・提供されたeラーニング講座の受講者数は延べ200万人に達しております。
 今回のリニューアルでは、これまでにご導入いただいた企業やエンドユーザーである受講者の声を踏まえた機能の拡充を行い、さらに利便性を高めました。具体的には、eラーニングの世界標準規格「SCORM2004」準拠による容易なコンテンツ作成とデータ管理の実現、ユーザー登録・管理機能の充実によるサイト運営負担の軽減、決済機能の拡充による受講者ニーズへの対応などを行っております。
当社は、さらに利便性が増したactbrainを、自らの豊富な運営管理ノウハウとあわせて提供することにより、昨今の不透明な経済情勢のなか、コスト削減策の一環として集合研修からeラーニング研修に移行したい企業に対する訴求を図ります。また、社内利用のみならず、自社の持つ有用なノウハウをコンテンツ化し再販したいという企業に対しては、actbrainのプラットフォームを提供することでそのニーズにお応えしてまいります。


■eラーニングシステム「actbrain(アクトブレイン)」の特徴
①容易なコンテンツ作成・ユーザー管理を実現する充実の機能
・eラーニングシステムの教材管理に欠かせない世界標準規格「SCORM2004」準拠
 ⇒容易なコンテンツ作成、他eラーニングシステムとのデータ互換性を実現
・充実の管理機能により運営負荷を軽減
 ⇒ユーザー管理、法人申し込みなど、従来ご要望の多かったユーザー登録に関する機能を充実
②システム構築が不要なSaaS型
・システム利用料のみで利用可能であるため、大規模なシステム投資が不要
・申し込み後、最短2週間のスピード導入が可能
・お客様はeラーニング企画・コンテンツ作成に専念
③選べる決済機能
・従来はクレジットカード決済のみだった決済方法に、銀行口座からの引き落としを追加
・今後、コンビニ決済、銀行振込にも対応予定


■今後の販売展開
①【社内利用企業向け】actbrainのプラットフォームを提供
・コスト削減ソリューションとしての訴求
・他eラーニングシステムからの乗り換え提案の実施
②【再販企業向け】actbrain+パナソニック電工ISの運営ノウハウを提供
・延べ受講者数200万人の声を活かしたコンサルティング
⇒新ビジネスモデルの提案
⇒受講者をひきつけるコンテンツ作成のポイント、運営ノウハウを提供


■リニューアル記念キャンペーンのお知らせ
2009年9月30日までにお申込みのお客様につきましては、初期導入費(35万円)を無料といたします。


以  上


※本文に記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。


【この件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先】
パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社
総務部 広報・IRグループ 松本・仲本
TEL.06-6377-0100 FAX.06-6377-0833 E-mail press@ml.panasonic-denkois.co.jp


【この件に関するお客様からのお問い合わせ先】
パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社
 営業本部
 東日本ソリューション営業部 TEL.03-3563-6660
 西日本ソリューション営業部 TEL.06-6377-0074

このプレスリリースの付帯情報

「actbrain」システムイメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

※SCORM(Sharable Content Object Reference Model・スコーム)
米国・国防省系の団体ADL (Advanced Distributed Learning Initiative) が制定したeラーニングのプラットフォームとコンテンツの標準規格。学習システムやコンテンツの相互運用性を高め、低コストで高品質なeラーニングサービスを実現することを目的として、普及が進められている。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事