logo

インドの太陽エネルギーは有望市場

インドの調査会社RNCOS社は、インドの太陽エネルギー業界について調査し、2012年までの市場予測データを掲載した調査レポート「インドの太陽エネルギー市場:市場概況、主要企業、2012年までの展望 - Indian Solar Energy Market Outlook 2012」を出版しました。

【プレスリリース抄訳】
インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「インドの太陽エネルギー市場:市場概況、主要企業、2012年までの展望 - Indian Solar Energy Market Outlook 2012」は、インドの地理的な有利点と政府のスキームやインセンティブ政策が、インドの太陽光発電産業を促進していると報告している。

インドは、年間を通して晴天が多く、日照時間も長い。緯度が低く、世界でも非常に晴天率の高い地域である。年間250-300日の晴天の日には、1日に4-7キロワット/平方メートルの太陽光を受け、5000兆キロワット以上を発電できるところがほとんどであり、その発電量はインドの電力消費量をはるかに上回る。そのため、インドでは太陽光発電が幅広く普及するだろう。インドのMNRE(新・再生可能エネルギー省、The Ministry of New and Renewable Energy)は、補助金、原材料輸入の免税措置、長期低利貸付、特定のデバイスやシステムへの物品税免税などの多くのスキームを開始し、インド国内の太陽光発電利用ばかりでなく増産をも狙っている。その他にも、2022年末までに1000万平方メートルの太陽光集光エリアを目標としている。

【調査レポート】
インドの太陽エネルギー市場:市場概況、主要企業、2012年までの展望
Indian Solar Energy Market Outlook 2012 z
リンク

【RNCOSについて】
リンク


※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。