logo

ウェブからテレビへのビデオストリーミングサービスは、2013年に約30億ドルの収益

米国の調査会社インスタット社は出版レポート「オンライン経由のテレビ視聴市場調査:Web-to-TVの市場、技術、製品 - Web-To-TV Video Changes Everything」のプレスリリースにおいて、今後5年間で、メディアセンターPCでストリーミングWeb-to-TVコンテンツを視聴する米国ブロードバンド世帯数は740万となるという予測結果を発表しました。

【プレスリリース日本語訳】
米国の35歳以下の成人は、既にオンライン経由のテレビ視聴(Web-to-TV)が可能であると米国調査会社インスタット社は報告している。米国の若年成人世帯の40%以上が、少なくとも月に1回以上はテレビでインターネット動画を視聴している。ウェブからテレビへのビデオストリーミングサービスは、2013年に29億ドルまで伸びるだろう。

「Web-to-TV動画が簡単で便利になれば、多くの消費者に急速に広まるだろう。インスタット社の一次調査によれば、ユーザは様々なデバイスでWeb-to-TVを視聴したいと考えている」とインスタット社のアナリストKeith Nissen氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ 5年以内に、米国のWeb-to-TVコンテンツを視聴するブロードバンド世帯数は2400万になるだろう
■ 既に、米国の25-34歳の29%が、ゲーム機でインターネットのストリーミング動画を利用している
■ 今後5年間で、メディアセンターPCでストリーミングWeb-to-TVコンテンツを視聴する米国ブロードバンド世帯数は740万となるだろう
■ テレビ局や有料テレビオペレータは、現在はオンラインテレビを有料のテレビサービスの付加サービスとみなしている。しかし、Web-to-TVは今日の動画サービスを完全に再構築することになるだろう
■ ビデオコンテンツは、コンテンツの性質によって、放送やWeb-to-TV向けに最適化されるようになるだろう

インスタット社の調査レポート「オンライン経由のテレビ視聴市場調査:Web-to-TVの市場、技術、製品 - Web-To-TV Video Changes Everything」は、米国のWeb-to-TV動画市場を調査している。ビデオストリーミング/ダウンロード/レンタルサービスに利用するデバイスの予測、2013年までのWeb-to-TV動画利用世帯数の予測と加入による収益予測、米国のWeb-to-TV動画を牽引する要因の分析、消費者調査による利用・意思・デバイスの所有権・人口統計的な特徴、テレビ・新聞・オンライン・モバイルの複数メディアの広告効果比較などを提供している。

【調査レポート】
オンライン経由のテレビ視聴市場調査:Web-to-TVの市場、技術、製品
Web-To-TV Video Changes Everything
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。