logo

802.11n Wi-Fi技術は無線HDビデオを侵食し、独占するだろう

米国の調査会社インスタット社は出版レポート「無線HDビデオ技術市場調査 2009年:映像規格、対応機器、シリコン企業、2013年までの予測 - Wireless HD Video Technologies 2009: WHDI, WirelessHD, 802.11n, and UWB All Test the Waters」のプレスリリースにおいて、2013年には数機種のWireless HDビデオ技術のデジタルテレビが、約2400万台出荷されるという予測結果を発表しました。

【プレスリリース日本語訳】
少なくとも今後数年間は、802.11n Wi-Fi技術は無線高品位動画市場を独占するだろうと、米国調査会社インスタット社は報告している。他にも、無線ホームデジタルインターフェース(Wireless Home Digital Interface、WHDI)、WirelessHD、ウルトラワイドバンド(Ultrawideband、UWB)という3つの技術がある。しかし、Wi-Fi技術の普及はとめられない。

「802.11nは非常に人気があるWi-Fi技術ファミリーの次世代規格である。100Mbps以上でデータ信号速度を保証し、後方互換性がある。事実上、すべてのモバイルPCと、多くの携帯電話、広範な家電製品に搭載されており、Wi-Fiの導入数は莫大である。802.11nの主な欠点は費用で、HDビデオ送信時に両端でコーデック技術を必要とするためである。主要な競争相手であるWHDIとWirelessHDのどちらも、コーデックを必要としない」とインスタット社のアナリストBrian O'Rourke氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ UWBは家電市場では普及しないだろう。多くのチップ企業が、2008年後半から2009年に撤退するだろう
■ 2013年には数機種のWireless HDビデオ技術のデジタルテレビが、約2400万台出荷されるだろう
■ 当初はWHDIとWirelessHDの販促がなされたが、現在では高価で電力消費量が多く、早期の市場成功は見込めない
■ WHDIとWirelessHDは立ち上がりが遅く、2013年でも800万台未満の出荷数だろう

インスタット社の調査レポート「無線HDビデオ技術市場調査 2009年:映像規格、対応機器、シリコン企業、2013年までの予測 - Wireless HD Video Technologies 2009: WHDI, WirelessHD, 802.11n, and UWB All Test the Waters」は、世界の無線HDビデオ技術市場を調査した。無線HDビデオの製品セグメント毎、技術毎、チップ平均価格の2013年までの予測、技術・製品セグメント毎の市場分析、Alereon、AMIMON、Broadcom、Celeno、General Atomics、Pulse~LINK、Quantenna、Radiospire Networks、Realtek、SiBeam、Sigma Designs、Tzero Technologiesなどのシリコン企業の概要を記載している。

【調査レポート】
無線HDビデオ技術市場調査 2009年:映像規格、対応機器、シリコン企業、2013年までの予測
Wireless HD Video Technologies 2009: WHDI, WirelessHD, 802.11n, and UWB All Test the Waters
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。